さよなら人類in流山 ヨッシャヨッシャヨッシャァ〜

自分の手に入れたCDを日記とともに紹介して行きたいと思います。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

やる気が出た!



いつも帰りに南流山の山猫軒で本日のコーヒー飲むかモカソフトを食って帰ろうかと思うのですが店が19時までで駅に着くのが19時1分でいつもタッチの差で間に合わず悔しい思いをしてました。

今日は間に合って1週間の疲れを癒すモカソフトをチョイス。

もう完璧に覚えてもらっているので普通に話をしようとしたら

お姉さん「カミングアウトします!」

何か怒られるのか思いました。生き別れの姉さんか…

悪い事は色々思いつく。

お姉さん「ブログのファンなんです!」

ビックリした。

確かに出来た時に我が流山自慢で書いたのですが結構、前から読んでてくれたらしく日比谷線女やらエイプリルフールの話まで知っててくれました。

ほぼ悪口の9割のこのブログで褒めておいて良かった。

最近は面白い事もないしやる気がなかったんですけどやっぱり褒められれば伸びる子なんでやる気がでた。

コーヒーも旨いしモカソフトも絶品なんでぜひ行ってみて下さい。





これで話は終わらない。

母親に上の話を帰って報告してみました。

母親「あんまり家の事、書かないでちょうだいよ!」

俺「お母さんの悪口書きまくり。」

母親「恥ずかしくてクロネコヤマト行けないじゃない!」

◯山猫軒
×クロネコヤマト

代引きでどっかに送ってやろうかと思いました。

今日の1曲はロリータ18号のヤリタミンからVIDEO KILLED THE RADIO STARを紹介します。日本の代表的ガールズパングバンドのカバーアルバム。この声があんまり好きじゃないのですがこのアルバムはいい。聴いてて楽しい。ギターが脱退した後のライブを1回見た事があります。太陽族主催の大晦日ライブでファーストアルバムを出した後くらいのマキシマムザホルモンとかと対バンしてました。バイト先の後輩から誕生日プレゼントで貰いました。熱が38度くらいあったのですが汗をかいて熱が下がったくらい楽しいライブでした。

このアルバムはチーターの365歩のマーチ、ラモーンズのWART HOG、忌野さんのバンドRCサクセションのぼくの好きな先生、ブルーハーツのラブレターなど日本のポップスから海外のパンクバンドまで入ってます。BE MY BABYも入ってる。コンプレックスの方じゃなくてロネッツのBE MY BABY。そして俺が好きな名曲ベスト50に確実に入るVIDEO KILLED THE RADIO STARまでも入ってる。日本語訳カバーでかなりいい。ガールズパンクならではの「アッワアッワ」のコーラスも最高。しかもエンターキングの100円ならお得。

また行くんでおいしいコーヒーお願いします。
ゴハン | permalink | comments(0) | -

悪魔の再来…



みなさんは覚えていますか?前の会社で通勤の時に俺と死闘を繰り広げたあの女を…

何年も読み続けてくれてる友達とかは絶対に覚えてるはずです。

日比谷線女

このブログを初めて5年と156日。その歴史の中で狂った人は何人も紹介してきましたがコイツ以上に狂った人間はいなかった…

もうヤンキーならヤンキーのがいいですよ。あいつらはバカだからバカで上を行けばいいだけ。さらに俺達悪い事しちゃってんだぜ!盗んだバイクで走り出すんだぜ〜ヒャッホー!という感じで狙って社会に反抗してるだけだから分かりやすい。

あの狂乱女はそういった人類の臨界点をはるかに凌駕してる真性の危険度。俺が危ないっていうくらいだから相当なもんですよ。

北千住でクッキングパパおたくの事を考えながらつくばエクスプレスに乗り込みました。

扉が閉まる直前、足腰の強そうな女がドカドカダッシュで乗り込んで来た。かわいい子ならまだ許すが確実なるブス。

あれ?

どっかで見た事ある…

日比谷線女だ!

でもジャイアンこと剛田武を2倍ほどふてぶてしくした感じの顔は見覚えがある。でもヤツと死闘を繰り広げたのは前の会社で3年も前の話。

少しずつ確認作業を行う事にしました。

確認作業1…思い出す。

顔は多分そう。しかも日比谷線の北千住始発で毎日目撃していたのですが何回かつくばエクスプレスの乗り換えで一緒になった。だから帰りのつくばエクスプレスの車内で見るのは何の違和感もない。

確認作業2…観察する。

誰も寄せ付けず、窓際にへばりつくようにパーソナルスペースを死守する格好も当時のまま。混んでるのに誰も近寄れないオーラ。さらに彼女、、、いや彼、、、いやあの動物は自分の位置を確保できないと力の限りのパワーで体当たりをかまし自分の場所を作る習性があります。今回も自分の場所がもうちょっと欲しかったのか少し離れた場所にいた俺に越中なみのヒップアタックをかまし自分の領地を広げました。

ここまで来たらほぼ間違いない。ただ、核心をつく出来事がないか…何かしろ。いやヤツならする…

最終確認…ありえない行動。

区間快速だったので八潮で降りる人の邪魔にならないように窓際にいたヤツは外に出ます。俺も出る。もちろん日比谷線狂乱女も窓際を死守しているのでどかないと他の人が降りれない。ヤツも一度、電車から降りた。

狂乱女「ブッ!!!」

降りた所でいきなり噛んでたガムを吐き出した!!!こいつは間違いない!!!狂乱女だ!!!もう何年も道端にガムを吐き出す人を見てない。さらに駅の構内。さらに女。こんな事をやるのはヤツしかいない。

普段なら聞こえるか聞こえない位の声で「拾えよ…ブス。」くらいの事をツイッターのごとくつぶやくんですが俺の中の危険察知警報が鳴りっぱなしだったので何も言いませんでした。

何を言っても通じず自分が大怪我をしそうな時は逃げるに限る。完璧なる吐き出す音。乗車口の真ん前で確実に次の電車が来て人が降りたら踏む様な位置に綺麗な弧を描きながら落ちる。

結局、俺が降りる南流山の前の三郷中央駅で降りる狂乱女。

もう俺、怖くて怖くて地元の駅に着いてからも追いかけられて因縁をつけられんじゃないかと恐る恐る帰りました。その頃はクッキングパパなんてもうどうでも良かった。

iPodの音量をいつもよりも大きくしてペズモクのアルバムを聴きながら帰ったんですが後ろが怖い。

ドーン!ドーン!ドーン!ドーン!ドーン!ドーン!ドーン!ドーン!ドーン!ドーン!

花火のような音が鳴っている気がする…最初は曲の中の遊びかと思ってました。しかし、その曲が終わっても爆発音が鳴り続ける。

普段なら俺も全く気にせず振り返るのですが今日ばっかりは狂乱女の呪いが本当に怖い…

ドーン!ドーン!ドーン!ドーン!ドーン!ドーン!ドーン!ドーン!ドーン!ドーン!

もう耐えられない。これ以上、後ろを確認しなければ頭がおかしくなる…

振り返った。







コラッ!!!

俺の地元の中学校のバスケ部の女3人組がボールをドリブルしながら帰ってました。

こえーよ。

正直、ブックオフで会ったクッキンパゥパのおたく君には

俺「ねえねえ、何でそんなにクッキングパパが見たいの?」

とか

俺「そんなに好きなら俺も付き合うから一緒に探そうぜ!何巻?」

とか勇気を出せば聞けますが狂乱女は無理。関わったら人生が終わりそう。アイツはいつも銀座三丁目で降りて行ってましたがどこで働いてるんだろう?アイツが真っ当に社会生活をおくれるとは思えないんですよ。

謎が謎を呼ぶ狂乱女。転職してもう2度と会う事はないと思ってましたがまた奇跡的な再会をしてしまいました。もう2度と会いたくない。

怖い…

今日の1曲はフジファブリックのシングルB面集 2004-2009からダンス2000を紹介します。これは FAB BOXというB面を集めたアルバム、レアな曲を集めたアルバム、廃盤になっているアラモルトという貴重な3枚のアルバムを集めた限定ボックスセットの中の1枚。最近のバンドの中で非常に変わった面白い曲を作る人達だったのですがボーカルの志村がいきなり亡くなってバンドはもう活動できてません。このダンス2000の歌詞も

いや、しかし、なぜにぃ〜いや、しかし、なぜに!!!

という他の人達じゃ確実に書かないであろう歌詞をサビに持ってくる大胆さ。メロディ、歌詞ともに完璧。本来ならばこんな狂乱女ごときの時に紹介するべきでないほどのものなのですがしょうがない。なかなか手に入らない曲だと思いますがこの曲は絶対に聴いた方がいい。

おすすめ | permalink | comments(0) | -

日比谷線女。再々降臨。



どーも。こんばんわ。

世の中には考えもつかない事が起こります。

タイトルの通りまたあの狂人が復活しました。

場所はいつもの主戦場日比谷線最前線。

今回の対決相手は狂乱女VS中年オジサン。

結構人の良さそうな課長クラスのオジサン。

対決前。

狂乱女が半身の状態で最前列を取れないでちょっとイライラしている。

もちろんこのまま終わるはずがない。

ドカ!!!

女がオジサンの場所を横取りする様にショルダータックルをかます。

オジサンは自分の陣地を取られたので言うまでもなくそれを防ぎます。

グイッと女を押し戻す。













狂乱女「暴力はやめて下さい!!!」

えっ?

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

明らかにバカ女の方が暴力的なのにキレた…

ここからはノンストップで会話を実況します。

女「暴力やめて下さい!なんなんですか!」

オジサン「…」

女「ふざけんなよ!」

オジサン「いや…おま(怒)」

俺の心(オッサン頑張れ!あなたは悪くない)

そこで衝撃の事実が!!!がが!!!ががが!!!

女「私妊婦なんです!」

えーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

多分、ただのデブ。もしくは想像妊娠。

百歩譲って妊婦だったとします。毎日あんな体当たりしてたら体に良くないよ?しかもカリカリしてたら胎教に良くない。

女「あやまって下さい!!!」

オジサン「なんで…」

女「どこの会社の重役か知らないけど社会人だろうぐぁ!!!」

オジサン「…」

女「暴力はやめてください!警察行きますか?あやまってください!」

やはり人生の荒波をくぐり抜けたオジサンは違う。

オジサン「すいませんでした。」

さすがは人生の荒波の上を行く狂乱女。

女「あやまってすんだら警察はいらねーんだよ!」

カンカンカンカンカンカンカンカンカン!!!

3分38秒TKOで狂乱女の勝ち。

完勝!だってあやまれって言ってそこで終わるのかと思ったらそこで許さない。すげー。完膚なきまで叩きのめす。理不尽女王だ。

そこで俺は思いました。

俺もこの輪に入りたい!

俺も自称流山のトビウオ。ここは狂乱女を叩かないとまた被害者が出る!

でもオジサン目をつぶったまま動かなくなった…

女は自分の事を棚にあげてオジサンを睨む。

このまま膠着状態が5駅ほど。

俺も買ったばかりのアジカンをノリノリで聞いてたのを止めて1人作戦会議。

まずはオジサンを救おう。

まずはオジサンが悪くないことを教えてあげよう。

トントントン。

オジサンの肩を叩きました。

無視。

トントントントン。

無視。

もう闘う事を拒否。

しょうがない。

俺「アイツおかしいんで相手しない方がいいっすよ…」

耳打ちしました。

もちろんオジサン無視。

警察とか行ってくれればオジサン追いかけてって証言してあげたのに…

築地でオジサン降りちゃった…

俺も途中で降りてオジサン悪くないよ!って言ってあげようとしたらダッシュで降り行っちゃった。

狂乱女が残る。

俺も狂ってるんでしょうね。

悪い感情がふつふつと起きてきました。

やっぱり酒も煙草も若いヤツがやめれないのは悪い事、危ない事っていうイメージがあるから。

狂乱女と話してやる!

見て見ぬふりした回りの社会のくずども!俺があえて馬鹿に突撃してやる!

というわけで何て声をかけるか?

基本的には叩きのめしたいが相手は常識が通用しない。

色々なフレーズや行動が浮かびました。

1 「お前の方が暴力だ!」
2 「子供って男?女?」
3 「ブス」
4 「ぶた」
5 唾をかけてみる
6 おなかをさすってみる
7 狂乱女が持ってるヴィトンのバックに「それパチモン」

この全部できたらどれだけ気持ちいいか!でも俺は営業マンだ。あえて冷静に。今日はまずコイツを改心させる事が先決。

北風と太陽の話の様に狂ったヤツに狂った事を言ってもしょうがない。それならばコイツの心を俺が太陽となって温めてあげよう。

きっと今まで愛情をもらえないで育ったんだもんね!俺はブスには強い。

優しくしてやる。

というわけで声をかけました。

イヤホンしてたのでまずは合図。

触ると「セクハラ!」とか言われそうなので手をヒラヒラさせました。

女「何ですか!!!」

おー怒ってる怒ってる。

真剣な表情で

俺「妊娠してるなら俺言うんで席譲ってもらいましょうか?」

どうだ。優しさに触れたか?感動したか!君も1人じゃないんだ!想像妊娠でもいいんだ!

でも狂乱女は狂乱女。

譲ってもらいしょうか?のしょうか?と被るくらいの勢いで

女「いいです!!!」

だそうです。

終了。

でも俺頑張った。勇気を持って行動。むかつく相手にもあえての冷静な判断。

今日、僕は大人になりました。

今日の1曲はサザンオールスターズのSOUTHERN ALL STARSから悪魔の恋を紹介します。あの狂った女の旦那が見たい。もしくはアイツ毎日東銀座に何をしに行ってるんだろう?

もう関わらない。だってそれでもぼくはやってない。

おすすめ | permalink | comments(5) | trackbacks(0)

日比谷線女。再降臨。



前に書きました。

日比谷線で俺の場所に突撃してきてカバンを蹴ってきた女。

あいつがまたいた!!!

バトルの予定地は日比谷線北千住駅1両目。

今回のターゲットは俺じゃない。

俺の隣でマガジンを読んでる人。

俺がPSPしてた横に女がマガジン青年に突撃。

ドカッ!クルクル!

もの凄かった。

スキマから徐々に侵入どころじゃなかった。

体当たりで場所を奪ってた。

マガジン青年も木の葉のように回転して何が起きたかわかってなかった…

あのカバ女その後も東銀座で降りるまでずっとフーフー言いながら汗かいてた。

狂ってる。

どんだけ場所をとりたいんだアイツ?

いつかリベンジする。そのマガジン君の為にも。

今日の1曲はGongonのGongon Techno 01からしゅみでカメラをを紹介します。B-DASHのボーカルのソロCD。しゅみでカメラをっていう曲名。

アイツだけは許さん。つうかちょっとびびってる。

おすすめ | permalink | comments(5) | trackbacks(0)