さよなら人類in流山 ヨッシャヨッシャヨッシャァ〜

自分の手に入れたCDを日記とともに紹介して行きたいと思います。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

ポニョ。



この前、録画したのを見たのですが全然意味が分からなかった。

そうすけ君はかなり素直な男の子でかわいらしかったんで良かったんですけどもあのポニョのお父さんは何者か全く分からないまま終わりました。また所さんの声もキャラと合ってない…もう所ジョージは所ジョージなんですよね。あえていえばアルフが最高峰だっただけにこれ以上はない。

あとBSでワイルドワイルドウェストも見たけど寝ました。

最近一番面白かったのはゴッドタンのひむ子の「お会計して〜」ですね。これ録画して5回見たけどまだ笑える。

今、NHKのミュージックジャパンってのを見てるんですけどもAKB48って絶対いらない人いますよね。何人いるか知りませんがざっと見たら35人は普通の人だと…とりあえずAKB48のライブの後にメンバーの真ん中に入って大きく深呼吸したいです。

ポニョの事を書こうかと思いましたがほとんど書く事なかった…

アバターもポニョも人気のあるヤツを色々と見てみましたがだめですね。今はゴールデンスランバー、脱獄王、ボーイズオンザランあたりが見たい。

今日の1曲は中島美嘉のLOVEから雪の華を紹介します。これ超好き。いやーミュージックジャパン見てて思ったんですけどもスキャンダルとかいう人達とかAKBとかガツンとくるJ-POPないですね。木村カエラのバタフライを凄くいい。モーニング娘。って42枚目のシングルだって!!!俺、AKBの中にモーニング娘。とスキャンダルとポニョが入っても気づかないよ!
映画 | permalink | comments(0) | -

アバレー。もろ異星人。



日曜日の昼。

映画を見たいと末尾が1or4の年賀状を握りしめ流山おおたかの森のTOHOシネマズへ。

そもそもアバレーとかいうタイトルも土日にバレーボールとアバターを見たってだけで面白くもうまくも何とも無い。

というわけでアバターを見てきました。

すげえ金かかってるとか3Dとかタイタニックを興行収入で抜いたとか言ってましたんでとりあえず流れにのってみようと思って…

いや〜…

つまらん!!!

ジェームスキャメロン監督はいつも金かけてすげえ人気がある映画作るけどタイタニックも全く俺のお口に合わずに今回は男を見せてくれるかと思ったら…

とりあえず要約すると自然を守ろうね!って事なんですけど最近、結構映画を見に行くようになったんですけど久しぶりに寝ました。

3Dメガネ初体験で他の映画を予告を見てた時はうお〜浮いてるじゃん!!!と大喜びでしたが始まったらもう…

もう少し説明するとアメリカ人VSアバターなんですけども大切なアバター側の青い人達がアメリカ人なんですよ。

もっとマイコー大先生のダンスなみに宇宙人なみの未知の動きを見せてくれればいいものを突き飛ばしたりジェスチャーがところどころアメリカンで萎えた…さらに言葉もアバター語ならそれで通せばいいのに最終的に人じゃない人が英語をガンガンしゃべってる…

冒頭で寝たと書きましたが少し寝て起きても話がつながる。3時間弱の長い映画なんですけども3Dの映像の凄さを見せたかったのか無駄なシーンが多くて半分くらい寝てましたが内容が理解できてしまった…

深みもなく考えさせられるわけでもなく3Dもそこまで凄いってわけでもなく終わった後に疲れだけが残りました。3Dメガネをかけるとちょっと画面が暗い。アバターが青いだけに映画全体を通して青が多かったんですけどメガネをはずした時の青の方が鮮やかで綺麗でした。

感想は人それぞれなので良かったという人に対して文句は言いませんが俺は苦手でした。

今日の1曲はThe SpecialsのToo Much Too YoungからLittle Bitchを紹介します。あんまりディスりたくないの紹介するCDは大好きなのを。前回紹介したトムトムクラブはCDを買ったうえでサマソニで見なかったのですがこちらは見て良かった!Little Bitchは超感動。どんどん階段を上に駆け上って行くかの様なメロディで到達した時のみんなでするかけ声ワン!ツー!はたまらない。他の曲を目当てで行ったのですが生で見てからこの曲が大好きになりました。もう無理だろうけど奇跡的に来日するんであれば夏フェスでも単独でも何でもいいからまた見たいバンドです。
映画 | permalink | comments(0) | -

格の違い。映画編。



前までは映画はDVDで買って見るものと思ってました。だって映画を男が見ると1800円も取られて高い…しかし、流山おおたかの森でレイトショーが安くみれると知ってから結構行く様にしてます。

そこで色々な情報が入ってきました。

俺の好きなバンドたま。
俺の好きな映画男はつらいよ。
俺の好きなマンガBECK。



たま映画化。

この前、ファミ通を立ち読みしてたら元たまのパーカッション石川浩司がコラムを書いてた縁で1100号記念でコメントを書いていました。そこの囲みの部分にたま解散後のメンバーのその後の活動を描く映画が今年公開されるらしいです。誰がこんな事を言い出したのかは分かりませんが絶対に見に行きます!!!

これはレイトショーじゃなくてもいいけど3Dだったらどうしよう…


男はつらいよジャニーズタレントで復活か?

もう…超アホ。まず寅さんは渥美清そのものという事が分かっていない…何かで読んだんですけど寅さんの映画の撮影で監督の山田洋次が渥美清以外の出演者にはバンバンNGを出すらしいんです。しかし、寅さんには絶対NGが無い。なぜか?

寅さん自体が渥美清なのに本人にNGを出すってのはおかしいでしょう?

と言う事です。そうなんですよ。渥美清がすでに寅さんなんで本人にNGってのはイジリー岡田が得意の楽屋潜入ネタをやってリップクリームをぺろぺろした時に司会者が本人に向かって「それイジリー岡田のモノマネだけど似てないよ?」っていうのと一緒。ナンセンス!!!

それをジャニーズのタレントができるか?ジャニーズにブサイクがいますか?美男子=ジャニーズなわけでちょっと四角い顔して自分の行きたい様に生きて40回以上女にふられる寅さんを演じれるれるのか?無理でしょうよ。

そもそも男のものを女を呼ぶ為にジャニーズを使うってのは作品に対する冒涜ですよ!!!こち亀だって実写化するのはいいですけど何で香取慎吾なんだと。アイツはウッキーとか言って西遊記やってりゃいい。現に視聴率だってボロボロだったんで…

ジャニーズはイケメンが出てくる映画とかドラマに出てればいいんで寅さんという人情もので女が好きな部分とまったく逆にいる所に無理矢理ねじこんでくるってのは狂ってる。まあ噂だけらしいんですけどもこういう噂が出てくるだけでイラッとしますよね。

寅さんを復活させるなら条件として

◯35才以上。
◯顔が四角。
◯滑舌がいい。
◯ちょっと小太り。

これが最低条件じゃないでしょうか?ジャニーズじゃ格が違う!




BECK実写映画化。

あらまあ…あれって超良い声の持ち主が超良い曲を演奏するっていうマンガでそれを実際に実写化してしまったら音を流さなくてはいけないんでそこらへんのバンドが歌ったり作曲してもどうしようもないでしょう。格が違う!!!

そんでもって映画はマンガのコユキから視点ではなくギターの竜介視点って事で期待度半減…そもそも普通の中学生のコユキが普通の高校に進学してすぐに中退。親友のドラムのサクと凄腕のベース平君とギターの竜介から認められてアメリカの有名な映画監督もロックバンドもコユキの凄さを認めるという普通のヤツが実は凄かったという流れが面白いのに竜介を主人公にしちゃったらコユキの存在がペラッペラに薄くなる。

まだ竜介が水嶋ヒロってのはいい。でもコユキが佐藤健ってかっこ良すぎでしょうよ。

コユキはえなり君!!!

んでベースの平君が向井なんとかで知らないからほっとくとしてラップ担当の千葉君がルーキーズの桐谷健太って惜しいけどちょっと違う。いいですかアフロでラップをして喧嘩が強くてコユキにちょっとしちゃうと言えばあいつしかいない!

千葉君は佐藤蛾次郎!!!

完璧。

ちょっと気になって " target="_blank">公式ホームページを見たんですけども…

いい!!!

これでいい!!!!!

思ったよりずっとはまり役だった…竜介のヒロ君は文句なし。コユキの佐藤も千葉君の桐谷も似合ってる。あと、向井とかいう人も平くんぽくていい。特に真帆ちゃんもポッキーのCMの子でかわいいしはまり役。

最新鋭像って事でちょっと演奏シーンも出てたんですけどこれもまた滅茶苦茶かっこいい。千葉君は蛾次郎にしないと格が違うと言おうとしたんですけどこれでいいです。


今日の1曲は映画BackdraftのサントラからFighting 17thを紹介します。映画のネタって事でサントラを紹介します。これは俺と同じ世代の人なら絶対に聴いた事あるはず。あの伝説のテレビ番組料理の鉄人のオープニングで流れるあの曲です。懐かしい…でも鹿賀丈史がオープニングでピーマンだかパプリカだかを齧ってた記憶があるんですがあれが本当に不味そうだった…
映画 | permalink | comments(2) | -

映画鑑賞。忘れ物、落とし物、勘違い。



月曜日。結婚式も終わり日曜日は外に一歩も出ずにフルパワーで休んだのですがまだだるい…

朝、遅刻しそうになり車で駅まで行きました。

友達の日記を見てたらワンピースの映画を見て0巻をもらったという話を知りました。さらにネットで0巻が高値で売られている。加えて会社の先輩が0巻を読みたがっている。

そんでもって毎月は14日はTOHOシネマズの日で1000円。

行くしかない!!!

すぐに弟にメールをして映画に行く事にさすがにアニメを1人じゃ見に行けない…

かなりウキウキウォッチングで家に帰ると玄関の様子がちょっと違う…

あああああああああああああ!!!

駅に車忘れた!

ワンピースの映画、、、いやワンピース0巻で頭がいっぱいになり駅に車を忘れて歩いて帰って来てしまった…

今までの忘れ物でここまででかいのは無かった…

とりあえず車は忘れてネット映画の席を検索。

21時45分からのを見ようとしたんですが19時半の時点で前2列しか空いてない…ワンピースには全く興味がないし諦めようかと思ったのですがここでやめたら後で後悔すると思った。あんまりしたくないカード決済をして席をネットで予約。

弟も何とか間に合い20分前に会場に到着。宇宙戦艦ヤマトはガラガラなのにワンピースだけは満席。予約しなきゃ絶対に見れなかった…

映画のチケットを俺が払いキャラメルポップコーンとチキンナゲット(本当はポテトが食いたかった)とコカコーラゼロを弟に買わしていざ出発チンコー。

入り口で0巻を貰う。

俺、弟「うすっ!!!」

まあ、そんなもんだろう…

NO MORE 映画泥棒のモノマネがしたいと思っていたら映画開始。

何か三刀流、コック、航海士、シカ、ウソップとかが仲間になる所まではマンガで読んだんですけど変な悪者風、図書委員、骸骨は初めて見た。骸骨強いし面白いですね。

感想は

◯ゴムだから殴られた痛みは鈍器の痛みではなくSM的なムチの痛みなのか?
◯航海士の露出が多すぎてエロイ。
◯所詮、主人公の声がクリリン。
◯反面、脇役の声がフリーザ。
◯めざましテレビで知ってたのですが愛ちゃんの声かわいい。
◯仲間が集まるシーンがかっこいいのですがどこかで見た事あるな…

その中でもワンピースファンの笑う所が分からない…マンガをそこまで見てるわけでは無いのでファンお約束のシーンで館内が「クスクスッ」と笑うのですが俺はそこが笑い所なのかと思うだけ。弟がこっちを見て微笑むがそれが一番わからない。

そんでストーリーも終盤に差しかかりもうすぐ終わりだと思い始めた時に何時か確認しようとポケットをごそごそっとしたら

財布が無い…

それから俺は映画にまったく集中できずに弟も「どうした?」と聞いてくるけど「何でも無い」しか言えない…mixiのボイスに車を忘れた事を

駅に忘れた!

と書いたら

また財布かと思った

と返信をしてきた友達がいてまさか車を忘れた時に財布を無くす予言をされるとは思いませんでした。犯人はヤツだ…

とにかく映画が終わりドキドキしながら下を探すと右斜め前に落ちてました。あぶねー。

ここからオチ。

友達とメールをしながら映画を見てしまったので

まったく興味ないけど弟とワンピースを見て来た!

とメールをしたら

なんで?なんでワンピース?やっぱ面白い!

と返信がありました。

どこに笑うポイントがあったのか分からないけどこんな笑いの沸点が低い子に車を忘れた事とか財布を落として映画に集中できなかった話をしたら笑い死ぬんじゃないかと思って1日であった事を書いて送ってみました。

あれ?ワンピースってマンガの?

服のワンピースと勘違いしてた…

両方恥ずかしいパターン。さすがに月曜の夜に俺と弟がまったく興味ないのに女性用の服のワンピースを見に行ってたら面白い。面白いというか狂ってる。

今日の1曲はChumbawambaのAnarchyからTimebombを紹介します。最近、思って来たのですがビートルズ、ストーンズなど全部のアルバムをコンプリートしてもいいレジェンドはたくさんいますが俺の中で本当にアルバム全部を買いたいアーティストはチャンバワンバとスマッシュマウスじゃないかと思いました。この2つのバンドはどのアルバムのどの曲を聴いてもそれなりに聴けるしかっこいい。邦楽で言うとたまとすかんちみたいなもんです。
映画 | permalink | comments(6) | -

映画鑑賞。This is it



土曜出勤の時にマイコー好きの人と話してました。

「This is it見ました?」

俺はドキュメントだしDVDで出たら見ればいいやと思ってました。しかも前にマイコーが来日した時にCD屋かどっかで女の子がハグされててよくこんな気持ち悪い顔の人に抱きつけるなと…

でも期間限定って言われてたしちょっと見たい気持ちもあったんで迷ってました。さらに行くなら一緒に行こうと思っていた流山の妖精塩ちゃんもThis is fatに向けて見に行っちゃったらしい。

土曜日の朝4時に帰って来て起きたのが14時。そのままボーッと1日が終わる。何かしなくては昨日の23時半過ぎに決めた。

一人で見に行こう!

適当に服を着て流山のおおたかの森まで車を走らせる。0時20分からのレイトショー。ほとんど誰もいないと思ったら結構、人がいました。

ちなみにThis is itが15人くらい。

みんなが聴きたい曲をやる。

マイケルの言葉どおりベストアルバム的な内容でした。ちゃんと途中にジャクソン5のメドレーもありましたしね。

確かドキュメントなんですけどもちゃんと曲を1曲ちゃんと聴かせてくれる。そこに素のマイケルジャクソンが本当に良いものを作ろうと指示を出したりしてるわけです。

やはり見所はダンス。しびれた…スマップ、エグザイルも日本では凄いらしいですけど次元が違う。その回りのダンサーも世界中から集めた天才的な人達ばかりでワンダバァ!!!手と足の動きだけで感動させられる。

それに加えてマイケル様の凄い所は曲に対する理解度。もう少し早く遅くというだけでなく弾き方のニュアンスも全部自分で指示して行く。それに凄腕のバックバンドがマイケルに合わせていく。キーボード、ベース、ドラムなどが全員黒人の中でギターが金髪の白人女性。これがまたうまい。ちゃんとマイケルも「君の見せ場だ。」とギターソロをさせてあおる。引き立て役にもなれるマイケル。注意をする時も「怒ってないから。愛してるよ。」と優しく諭す。

手に汗握ると言葉がありますが始まってからずっと手汗が止まりませんでした。いや太ってるからじゃありません…
隣でひとりで見に来てたお兄ちゃんも身を乗り出して見てましたからね。それだけじゃなく私、ちょっと泣いちゃいましたよ。感動とか寂しくてとかじゃなくて

かっこよすぎて!

かっこ良すぎて泣くってありますかね?人生で1回も無いですよ。

すべてがエンターテイメント。

もしマイケルジャクソンのライブが日本であるとしたらいくらで行くか?この映画を見る前までは誰かにチケット取ってくれれば2万くらいなら出してもいいかなと思ってました。この映画を見た後は30万までなら出せる!!!
もっとかも…

さっきやってたスマップスマップも興奮しながら楽しく見ました。映画を見た後だったのでわかりやすかった。1月下旬にDVDが出るらしいですが

絶対に映画館で見た方が良い!!!

27日(金)までなんで早く見に行きましょう。

まじで最高。

帰りの車でマイケルジャクソンを大音量で流したのは言うまでもありません。

今日の1曲はMichael JacksonのHistoryからThey Don't Care About Usを紹介します。マイケルジャクソンといえばBillie Jean、Thriller、Beat Itなどが有名です。ちゃんとこれらの曲はやりましたがなぜかBadはやらなかったと思います。イントロが好きなBlack Or WhiteもやってMan In The Mirrorもやらないのか?と思わせつつ最後の最後で披露。たまらん。

その中で今まで軽く流して聴いてたThey Don't Care About Usが一番かっこ良かった。10人のダンサーがロボットのような衣装を着て踊ったものをパソコンを使い何万人にも増やしてその映像の前でダンサーと一緒にマイケルが踊る。これが一番かっこ良かった。

This is it!!!
映画 | permalink | comments(3) | -

映画鑑賞。ブラピ。



3連休一発目。

秋葉原にちょっと買い物に行きまして夜はレイトショーを見に行きました。

イングロリアスバスターズ



お金を返します。という事でしたが途中まではどうなるんだろう?とドキドキして強気に出るだけあるなという感じでしたが最後は(オー!!!)というよりも(ふーん)でした。

見所は空気の読めなさと顔がデーブスペクターっぽいヤツが映画の中心に出て来るのとブラットピットのかっこよさですね。気をつけて欲しいのはR-15指定があるとおりなかなか香ばしい過激な描写がけっこうあります。

このタランティーノはアメリカ映画で当たり前のようにドイツ人もイタリア人も英語を話すのはおかしいと言ってました。確かに!俺にしたらめちゃくちゃな文字を羅列されて言われても何もわからないので問題ありません。ここでまた新しいドイツ語を覚えました。

それでは覚えましょう。

ワンダバァ!

ドイツ語で意味は素晴らしいだそうです。

これで俺も日本語に加えて4カ国語を使いこなせる男になりました。

中国語…シオマンルー(パンダブーム)

ドイツ語…ザラーテ(サラダ) ワンダバァ(素晴らしい)

アラビア語…ハダフィ アン ウスビハ アフダラ ラーイビン フィールビラーティ!!!(私の夢はこの国の最高の選手になる事です)

完璧。

今日の1曲は葉加瀬太郎の交響詩「希望」Symphonic Poem "Hope"から第五楽章 ロード・オブ・ホープ〜リフレインを紹介します。ブラビかディカプリオかと言えばブラピ。阪神か巨人かと言えば阪神。ドラクエかFFかと言えばドラクエ。なのでドラクエは全部やってますがFFは7までしかやってません。

それでこれはFF12の曲。

何の思い入れもありませんがネットを見てたらかなりの名曲って事なんで買ってみました。ボンバー葉加瀬のバイオリンはこの人らしいしメロディはゲーム音楽でこの曲はこんな時なんだろうな…と容易に想像できます。

ただ、ゲームをやってないので普通のクラシックとしてしか感じられないのが残念です。ゲーム音楽とかは青春時代に聴いた音楽と一緒で音楽を聴いて思い出を振り返る事により星ひとつの曲が星2つにも3つにもなっていきます。だからこのCDの評価は星ひとつ半。いただきました!星ひとつ半でぇ〜す!
映画 | permalink | comments(2) | -

映画鑑賞。ロックとは!



みなさんロックしてますか?

レニークラヴィッツがRock And Roll Is Deadと歌いました。それを皮肉ってTHE HIGH-LOWSがスーパーソニックジェットボーイという中でロックがもう死んだんならそりゃあロックの勝手だろと歌ってます。

俺もこのスーパーソニックジェットボーイが発売された当時はギター、ベース、ドラムがなきゃ音楽じゃない!と。今はピコピコしてた方が好きだしナヨナヨしてて気持ち悪いと思って聞いてなかったR&Bも問題なし。

この映画を見たらロックは死んだと言ってもいいんじゃないか?と思ってしまいます。その当時の激熱バンドの嵐に加えて聴く側の熱も無くなってしまったと思います。最近、CDが売れない売れないと言いますがレンタルやらパソコンのダウンロードなどの責任も多くあるでしょうがそれ以上にのめり込む程の音楽が無いのも事実です。

確実にロックを聴きたくなる映画。

パイレーツロック



1966年イギリス。ストーンズ、ビートルズと歴史に残るバンド達が大活躍する時代に法律で1日にラジオで音楽を流せるのは45分という法律があった。その法の裏をかいて海賊ラジオ局として海の上で個性的なDJ達が24時間ぶっ続けで音楽を流し続けるラジオ曲の話。

ロックとセックスが中心。

ドラッグはほぼ無い。のりピーの影響でしょうか?

60年代のブリティッシュロックをたくさん聴けて楽しいなと思ってたらジミヘンとかもあったんでお米の国の曲も混じってるのはご愛嬌。

この映画に出てくる女の子はほとんどが滅茶苦茶かわいいんですが全員がビッチ!!!予想とかじゃなくて本当にウンコみてえな女ばかり達でここまでひどいと別にそれが当たり前なんじゃないかな?と思ってしまう位に狂ってる。

こういう音楽映画って終わり方がスポーツ映画の勝って終わりや恋愛映画の死んで終わりと違ってとても難しいんですが良い終わり方でした。今までの流れとは別のえっ…そっち終わり???という感じでドキドキして最後は背中に汗をかいてしまいました。太ってるからじゃございません。

でもUK ROCK、UK ROCKともてはやされてる様になったのはこの年代のバンド達のおかげでしょう。オアシスもコールドプレイも60年代の繁栄が無かったらいなかった。

ポロリもあるよ!!!←本当。

今日の1曲はThe Rolling StonesのExile On Main StreetからTumbling Diceを紹介します。残念ながらこれは60年代ではなく1972年発表。特に68年から72年までのストーンズが全盛期という人が多いようでベガーズバンケットやレット一トイットブリードなどの名盤もこの時期に発売されています。でも駄作と言われてる67年発表の
サタニックマジェスターズも全然ロックじゃなくて好きです。Exile On Main Streetの邦題はメインストリートのならず者 。さしずめ俺は流山街道の田舎者。


映画 | permalink | comments(0) | -

映画鑑賞。最終章。




そうだよ。僕だよ。僕がトモダチだよ。


トモダチも彼女もいない俺は弟と20世紀少年最終章を観てきました。


流山おおたかの森にある映画館。家から車で15分の所に映画館があるなんて最高。しかも今回知ったのですが20時以降はレイトショーの料金で観る事ができるんでお得なんてちょくちょく映画鑑賞もいいかなと思います。


俺は1章、2章とも観てます。弟は1章、3章。流山の誘えば来る男は2章のみ。映画の続編を2章から誘って来るというのが誘えば来る男の本領発揮。誘えば来る男も誘えばいいのになぜか誘わない。つうか早くマンガの20世紀少年と21世紀少年返してくれ。


ちょっとお高い寿司で腹ごしらえをしてキャラメルポップコーンとコカコーラZEROを購入して20時50分からスタート。


最初は1章と2章のダイジェストを少し。


すでに映画を観た人の意見は


「マンガと同じだけど違う。」


意味がわからなかったんですけど最後までいくと何となく意味が分かった。話を分かりやすくする為にスリム化してる感じ。トモダチが誰か?って所が大事でもマンガで誰がトモダチかは知っている。それをどう見せるか?というのがテーマだと思うんですが最後の終わり方は原作を知ってる人も納得ですが他のヤツに疑いを無理矢理かけさせる茶番がいらなかった…


1章から3章まで観て面白い順番をつけるならどれか?と言えば3、1、2になると思います。2章はつなぎという部分が大きかったんじゃないでしょうか?


面白いし登場人物も全員ぴったりなんですが納得いかない部分がふたつ。


◯カンナ役の平愛梨ちゃんがすごーーーーーーーーーーーくかわいいのですが弟にうりふたつで嫌な部分がありました。カンナ=弟というくらいに似てました。


ケツアゴの部分が…


◯あとはちょい役で豪華ゲストを使うのは百歩ゆずっ許しますが無理矢理、吉本興業の芸人を出すのはやめてほしい。1章ではオリエンタルタジオだった。3章はかなり大事でハラハラドキドキの部分でアイツが出てきます…

オススメの見方はどんなにネタバレしてもマンガを熟読してから行くのが楽しいと思います。マンガを読んでないと何が何だか分からないうちに終わってしまうと思います。


あやまるな!終わっちゃうじゃないか!!!


今日の1曲はYOGURT-poohのベンジャミンからPessを紹介します。名前は知ってましたが見向きもしませんでした。結構前に友達が趣味で主催してるライブでボーカルの人が出てました。歌がうまいのに目がいってて威圧感があってコイツただもんじゃないと…そいつがこのバンドのボーカルだったと知ってCDを買ってみました。現在と違って爽やかな大学のテニスサークルにいる兄ちゃんみたいな格好をしてました。歌は普通…今の狂った表情をした歌い方の方が好きです。
映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

私の辞書に無い映画と行動。



今までならバカにしてた…絶対ない…でも若い子の言う事ならオジサン聞いちゃうYO!!!

というわけで有楽町で会いましょうという曲が昔ありましたが有楽町で映画。

流れ的にはカフェで茶をしばく→映画→ドイツ好きの男がバイトするドイツ居酒屋レネップっていう所で夕食。最近、スペイン、タイ、ドイツと色んな国の料理を食ってる…

どうですか?オシャレですよね私?

昔から俺の事を知ってる人は

涙、恋愛、死

これを扱う映画は大嫌いだと知ってるはずです。

何で映画を見てシクシク泣かなきゃいけねーんだ!やらせの恋愛なんてつまんねー!つうか本当の恋愛してるヤツはもっと嫌いだー!つうか死ぬんじゃねー!生きろ。

という感じで映画というものはハッピーにならなきゃいけないもんなんです。ハッピーエンド&笑い。これ大事。

見た映画が

余命1ヶ月の花嫁

いやぁすげえバカにしてましたね…俺の嫌いな負のオーラ三原則がここまでぴったりな映画も無い。

しかもTOHOシネマズの1000円の日しか行かない俺が1800円払った。

そんでどうだったかと聞かれれば

最高でしたぁああああああああああ!!!

いやいやいやいやいやいやいやいやいや…

すげー泣いた!大変だったんですよ。

始まって10分で泣いて最後まで泣いては乾いて泣いては乾いての繰り返しで通称流山顔と呼ばれる丸い輪郭をしてる彼女なんですがかわいくてかわいくて…

妹と全く同じ1982年12月13日に生まれた瑛太君もあいつすげー良いヤツなんすよ。男とはこうあるべきだみたいなね。ここまでやられたら女はたまんないでしょう。

映画の内容自体もこうなってこうなって死んで的なものは分かってるはずなのに良かった。逆に泣いてんのばれたくないから早く死んでくれまで思ってました。

そこでさよなら人類in流山がおくる涙の隠し方講座。

隣のカップルにも友達にもこんな映画で泣いたのがばれたくない。感動して目の回りでこすったら泣いてるのがばれる。

なので涙がほっぺたあたりに来た位の時期を見計らってポリポリと掻くフリをしてぬぐう。

次に涙って鼻筋を通って口にくる。このような場合はキャラメルポップコーンと一緒に涙も食う。ただ、甘みよりも涙で普通のポップコーンの味になります。

ただ、さっきも書いた様に気づいたら10分ごとに泣いちゃうんですよ。しかも目から出た瞬間に心の汗を拭かないので

ほっぺたがすげー痒い。

これを見た皆様はぜひとも出た瞬間に涙をキャッチしてあげて下さい。顔が痒くなるんで…余命一ヶ月の花嫁を俺が見たという事実は永遠に隠し通して闇に葬るか散々ディスッて終わりにしようかと思ってたんですがたまには泣くのもありですね。俺にもまだ人間的な心が残っていたのかというのを再確認できたのと泣くとスッキリしますね。そりゃ120万人も見るわ。

最後にこれを見た後の色々な人の発言集。

◯今日一緒に行った22才の女の子の発言。

「成長したんですねえ…」

今年、三十路の男にだいぶ年下の女に言われる。

◯大雨で俺を車で迎えに来た弟の発言。

「自分の体の成分の中に無いもんが出たから痒くなったんだ!」

確かに…でも食い過ぎてゲロ吐いたら泣くよ?

◯サマソニのチケットを取ってもらう為に電話した高校の時のマネージャーの発言。

「全然見たくないですね…」

俺もそうだったんだよ!ちなみにそいつと俺が見たい映画で一致したのが鴨川ホルモーと鈍獣。

恋愛っていいですね!余命があと何ヶ月か分かりませんがしっかり生きましょう。

今日の1曲は秋川雅史のシングル千の風になってを紹介します。モノマネを得意としましたがyoutubeのみでの練習の為にところどころメロディがオリジナルになってましたがようやく渋谷のブックオフで105円で見つけて購入。

一番良かったシーン。「生きてるよ!」っていう所。
映画 | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

映画。



毎月、14日は流山おおたかの森で映画が1000円で見れるって事で20世紀少年の第2章を見てきました。

一緒に行ったのはマンガを当時5巻くらいまでしか読んでないだけでなく映画の第一章も見てないという友達を無理矢理連れ出しました。

とにかくカンナちゃんがかわいくてかわいくてしょうがなかった。

小泉響子役の木南晴夏さんなんですけども驚いて目を吊り上げる所がマンガと同じでビックリした。かわいいとかというよりも浦沢直樹のマンガと同じ目ができるのはこの人くらいかと思います。他のキャラクターも似てましたがあの目の形は凄い。

でもとにかくカンナちゃんがかわいくてかわいくてしょうがなかった。

やっとユースケサンタマリアが出て来たら一瞬でした。マンガと同じく子供の体に大人の顔は気持ち悪かった…

やっぱりカンナちゃんが…

帰りに友達にマンガを全巻貸しました。

今日の1曲はKICK THE CAN CREWのmagic numberからアンバランスを紹介します。映画はまあまあなのにたまに無理矢理出てくるお笑い芸人がアンバランスな気がする。子供の頃のドンキーのアンバランスさが好き。そしてトンキーも死んだ。

ドンキー、トンキー、ドンキホーテ。

映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)