さよなら人類in流山 ヨッシャヨッシャヨッシャァ〜

自分の手に入れたCDを日記とともに紹介して行きたいと思います。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< もっきんばーど | main | のむんちょ。 >>

ベスト+ベスト。



8月14日にあの伝説が甦る。

ベスト・キッド



それを昨日、見てきました。

土曜日はいきなりサマソニorいきなりシャトーペトリュスか迷いましたがいきなりベストキッド。いきなりサマソニはその日ぐらしの長谷川ッティから断られたんで借りぐらしのアリエッティにしようかと思い三郷のMOVIXのホームページを見たら土日で先行上映をしていたので見に行きました。

ベストキッドとジャッキーが合体したら面白くないわけないじゃないですか。もちろん吹き替え。ジャッキーの本当の声を聞いても違和感がある。ジャッキー=石丸博也という図はもうくずす事はできない。

21時10分から終わりは23時50分。2時間半以上の長い上映時間も関係ない。

原作のベストキッドからの変更点は色々あった。

◯ミヤギさん(パットモリタ)→ジャッキーチェン
◯アメリカ→中国
◯白人ダニエルさん→黒人ウィルスミスの息子ジェイデン君
◯空手→カンフー

この変更点で問題は何もない。

内容はアメリカから母親の仕事の都合で中国に引っ越してくるドレ君。公園で1人の中国人少女に会って仲良くなるがそれを気にくわないカンフー少年にボコボコにされる。

それを見ていた管理人のジャッキー(ハン)が仲直りしようとカンフー教室に一緒について行く。しかし、そこで先生が相手に情けをかけるなと教えて闘う事を強要するがジャッキー(ハン)が断りカンフー大会で決着をつける事を約束する。

ドレ君にジャッキー(ハン)が本物のカンフーを教える事を約束する…

ミヤギさんのワックスがけをあれに…

ダニエルさんの最後の鶴みたいなポーズがあれに…

内容は基本的にオリジナルベストキッドに忠実ですがこっちのが壮大で内容が深い。

ウィルスミスの息子ジェイデン君の黒人特有のリズム感と運動神経はびっくりする。もう動きがヒップでホップ。さらに土俵ガールの佐々木希の120倍は演技は旨い。天才の息子は天才。

音楽もまたウィルスミスが話を持ち込んだだけあって凝ってる。ヒップホップがあったりガガマルじゃない方のガガ様だったりレッチリのスティービー先生のカバーハイアーグラウンドだったり音も内容も楽しめる。

またいいのが客の年齢層。

エグザイルも山下も亀梨も興味がなさそうな40代以上の男の人がたくさん。

そういう映画がベストキッド。

たいていリメイクやらマンガ原作などオリジナルがあるものはそれを越えられない。否定ばっかりが多い。俺もそういう所の粗探しばかりしますがこの映画は楽しめた。

原作を知らない人は興味があったら見て下さい。原作を知ってる人はあの部分がここか!と楽しみながら見れるのでぜひ見て下さい。

すべての動きの中にカンフーはある。BYジャッキーチェン(ハン)

長い映画なのでオシッコ行ってから見て下さい。踊る大捜査線の長いのは辛かったけどこっちはひき込まれる。

今日の1曲はHIBIKILLAの濃厚民族から野球狂のうたを紹介します。K氏の友達。パコーンパコーンホォームラン!パコーンパコーンホォームラン!という歌詞。バカバカしくていい。ナイスレゲエ!
映画 | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする