さよなら人類in流山 ヨッシャヨッシャヨッシャァ〜

自分の手に入れたCDを日記とともに紹介して行きたいと思います。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

ハイスタ

仕事をはじめる前にふとヤフーのニュースを見ると最近は全く見なかった文字が…

ハイスタ

結婚して子供も二人できてそれでも車でメイキングザロードはたまに聞く。

まさかのハイスタの新譜がゲリラ発売。そのニュースを見た帰り北千住の丸井に行きCDを買いに行くとCD屋がつぶれてた…

ちょっと足を伸ばしてTSUTAYAにいくと見当たらない。モンゴル800のニューアルバムはあった。
棚の左上にハイスタのCDが!

なかった。

売り切れていたので店員に入荷を聞いたけど未定。

私達30代のおじさん、おばさんが買ってるんでしょう。

我慢できなくてYouTubeを見てたら興奮して寝れない。なのでもう誰も見てないであろうブログを更新しました。

最近は女性の脇にひじょうに興奮いたします。
音楽について | permalink | comments(0) | -

イギリス二日目。ギャラガー兄弟。



何回このアルバムを紹介したでしょうか…ちょっとよく見て欲しいので大きめに貼付けてみました。

今日の1曲はOasisの(What's The Story) Morning Glory?からDon't Look Back in Angerを紹介します。

ヨーロッパなんてこじゃれた所に行けるかいバカ野郎!!!と頭の固い頑固親父のような考えていた俺が唯一行きたかった。ヨーロッパの国。ユナイテッドキングダム。

ビートルズ、ストーンズなど数々のスーパースターが出て来た国でUKロックツアーを敢行したいと思いました。もうミーハーで構わないから行きたい。

まずはここ。何度も紹介したアルバムですがこのジャケットの撮影した場所に行ってきました。昼間になるとジャケットのように人がいるので早めに行くのをオススメします。と色々なブログに書いてあったので朝食を早めに食べて朝の8時くらいにはその場所にいました。

このストリートがその場所です。



ジャケットを撮影した位置に中古CD屋があります。これが目印。


そこらへんまでの情報を頼りに探しましたがいかんせん10年以上前のアルバム。よく分からない。うろうろしてたら酔っぱらってやせぐれたイギリス人のオッサンが

オッサン「へ〜〜〜〜〜〜〜〜い!!!おめえら何を探してんだぁ!!!俺っちに聞いてみろ!」←俺っちはエディゲレロを参考にしています。ちなみに最初のへーい!しか英語が分からないのでだいたいの予想です。

俺「アイライクオアシス。アイムルッキングフォーモーニンググローリージャケットプレイス。」

もう超片言。

オッサン「おめ〜その写真を俺っちに見せてみろや!オ〜ケ〜分かったぜ!あそこのビルを見てみろよ!この写真と同じだぜぇ!」

俺「うおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!センキュ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!」

オッサン「イヤ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!」

国境を越えた握手をかわし酔いどれジゴロにお礼を言いました。ちなみに酔いどれジゴロは新日本プロレスの棚橋に8秒で負けたスコットホールのニックネーム。

もの凄い感動と興奮。

嫁に何度も何度もあれじゃないこれじゃない角度が違うと撮影させました。



これと同じような写真が10枚以上あります。

おまけ。


隣の通りがノエルストリート。

もちろん中古CD屋のSISTERにも寄ってちょこっと買いました。ちなみにハイロウズのロブスターのアルバムが3ポンドで売ってました。ロックの本場のイギリス人にも聴いて欲しい!というよりもこのCDをイギリスまで持って来てこの店に売ったのがイギリス人なのか日本人なのか知りたい。そして安いのでイギリス人に買って聴いて日本の音楽も好きになって欲しいので目立つ所に置いておきました。
音楽について | permalink | comments(0) | -

2次会使用曲リスト。



2次会入場(庭まで)
曲名Molih Ta,Majcho I Molih アーティスト名ブルガリア民族音楽
この曲でかっこよく入りたかった。ブラフマンが出てくる時のSE。

2次会(室内)
曲名Rock and Roll アーティスト名Led Zeppelin
民族音楽から一転、暴れられる曲。

乾杯
曲名BELIEVE アーティスト名PENPALS
嫁セレクト。嫁に気を使う良い旦那。

初めての共同作業
曲名電光石火に銀の靴 アーティスト名泉谷しげる
この曲のイントロは歴史に残る。

新郎中座
曲名盆回り アーティスト名ザ・ドリフターズ
滑り込みセーフで手に入った。

新郎再入場
曲名MUTA (グレート・ムタのテーマ) アーティスト名グレート・ムタのテーマ

クローズドスピーチ
曲名君と僕 アーティスト名東京スカパラダイスオーケストラ
俺が適当にやってて多分、使われてない…

新郎新婦退場
曲名クリスマス•イブRap アーティスト名KICK THE CAN CREW
クリスマスだしラップかましながら退場したかった。

見送り
曲名風をあつめて アーティスト名はっぴいえんど
曲名いつでもいつまでも アーティスト名知久寿焼
曲名月がみてたよ(Overstay) アーティスト名知久寿焼
風をあつめては嫁セレクト。俺はどうしてもたまか知久さんの曲を使いたかったからここで使用。風をあつめてがいまいちだと反省。

90点。

もっと3回くらいリハーサルしたかった…

今日の1曲はBow Wow WowのI Want Candy: AnthologyからI Want Candyを紹介します。これも嫁から吸収したCD。どうしてもこの曲を結婚式で使いたかったらしいんですがぴったりはまる所がなかった…残念。サマソニにも今年、来てました。
音楽について | permalink | comments(0) | -

結婚式使用曲リスト。




結婚式。新郎、新婦入場           
曲名Bitter Sweet Symphony アーティスト名The Verve
やはり式の入場は幻想的にがいいですよね。それぞれ入場したのですが流れでいきたかったのに俺も嫁も曲の最初からで変な感じになってしまいました…

結婚式。新郎新婦退場
曲名There She Goes アーティスト名The La's
UK繋がりでちょっと明るめの曲で。

披露宴。新郎新婦入場
曲名Natural's Not In It アーティスト名Gang Of Four
嫁セレクト。和装でロックが良かったらしい。かなり喧嘩したが結果的に良かった。

プロフィール紹介
曲名Sympathy For The Devil アーティスト名The Rolling Stones
あえてのこの曲。邦題が悪魔を憐れむ歌。俺達にはぴったり。

乾杯
曲名Little Bitch アーティスト名The Specials
大好き。リトルビッチ。「乾杯!」の後のこの流れは完璧だった。

ケーキカット
曲名GLITTER (Album-mix) アーティスト名Perfume
邦楽は嫌だと非国民の嫁がペンパルズとPerfumeだけはなぜかOKだったアルバムミックスだと前奏が長いのでサビから流してもらいました。

新婦中座
曲名I Don't Feel Like Dancin' アーティスト名Scissor Sisters
明るい曲が良かったので。

新郎中座。
曲名Bottle Rocket アーティスト名The Go! Team
ほとんど聴いてなかったが選曲してる時に聴いてこれはどこかで絶対に使いたいと思ってました。好き。

お色直し新郎新婦再入場
曲名I Want Candy アーティスト名Bow Wow Wow
嫁セレクト。これも結果的に良かった。

新婦手紙朗読
曲名I'm Yours アーティスト名Jason Mraz
やっぱり泣きどころは大事でしょう。しっとり系で。

両親への記念品贈呈
曲名Fuckin' Perfect アーティスト名Pink
曲名もいいし、壮大で両親へマジリスペクト!!!

退場
曲名Hold Me Now アーティスト名The Polyphonic Spree
やっぱり白装束集団の曲は必要。

85点。

ウェディングプランナーさんからも好評でした。曲を流す会社の人から10枚くらいサンプルCDを借りましたがここからは選曲するのはやめようという事になりました。

今日の1曲はGang Of FourのReturn The GiftからNatural's Not In Itを紹介します。嫁がもってきたCDなんで思い入れが全くなかったのですが何回か聴いてみるとめちゃくちゃかっこいい。どこで仕入れて来るのか知りませんがCD屋に1時間以上いても許してくれる嫁で良かった。
音楽について | permalink | comments(0) | -

似てる曲。



最近、iPodで音楽を聴きながら会社に行ってませんでした。あんまりCDも買ってないし…

久しぶりに曲を聴きながら行きました。

The Beatlesの名盤Abbey Roadを聴きながら会社に向かう。楽しい。気になった。

Somethingという曲。

もちろん歌詞の意味は分かりません。ただ超名曲。サビに入る時の歌が何かに似てる!

考えた。

仲田龍を思い出したのと同じ所の記憶を掘り返してみました。

空をかけぬけぇ〜

という歌詞を思い出した。

しかもかなりなじみ深い曲なので相当、昔に買ったCD。

日本人。

1日がかりかと思った矢先、ピーンときた!

すかんちの時間の言葉

GOLDというアルバムに入ってます。サビ以外の部分は全く似てない。さらに言うとあんまりサビも似てなかった…ただ、なぜかビートルズのサムシングを聴いたらすかんちの時間の言葉を思い出した。

たま大好きを公言してきましたがすかんちもかなり好き。

ベースの人が階段から落ちて大変な事になってるらしいです。お見舞金ツアー行けば良かった…

さらに今年の始めにレア音源と今までのアルバム全部が入ってるボックスセットが予約完全限定生産で出てたそうです。

欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!欲しい!

アルバム全部持ってるけど欲しい!

その予約も規定数あつまらなかったら制作されないというかなりえげつない売り方。それでも欲しい!

もっとちゃんと音楽情報チェキラしないとだめですね。チェキラといえば最近、こづえ鈴もふと思い出しました。

渋谷のチャートをチェ〜キラァ〜


今日の1曲はArrested DevelopmentのBest Of Arrested DevelopmentからPeople Everydayを紹介します。この曲サマソニでやってた。コール&レスポンスをして盛り上げる為の歌。ビートルズのアビーロードかすかんちのGOLDを紹介しようと思ったけど両方、紹介済みなので泣く泣くアレステッドにしました。
音楽について | permalink | comments(0) | -

AIR JAM2011



ハイスタ11年ぶりの復活。もう楽しみで楽しみでたまりませんでしたよ。20万人集まった応募が集まったそうです。そのチケット戦争を勝ち取った。

エアジャム級のイベントをやると3月に難波さんがライブの後にフライング気味に言った後の約1週間後。震災。

ハイスタをやるのかエアジャムをやるのか…そう迷っていた時にブラフマンのTOSHI~LOWから電話。もの凄い勢いで何もやらなくていいのか?と。迷っていた事が復興という事でひとつにまとまりました。

俺も「僕たちは歌う事しかできない系」の歌手とかをちょっと馬鹿にしてましたが今回は義援金ではない。義援金で送るとその金で終わって続きがないという事でした。今回の金は被災地にライブハウスを作るらしい。とにかく俺は伝説のバンドが復活してそれをリアルに見れるのが嬉しい。

高校、大学時代は友達も自分もハイスタばかり聴いていました。バンドをやってカバーするのがハイスタが絡んでくるのがほとんど。当時、ライブは1回も見れなかった…1度新宿のチケット屋でハイスタのチケットを売ってるのを見た事がありましたが何と2800円のチケットが13万円でした。アホか。

いつかもう1回くらいはやるだろうという期待がありつつ、もう2度と見れないんじゃないか?という不安の中での復活。朝から大興奮。

2011年9月18日。横浜スタジアム。

AIRステージとJAMステージの2つがあって1つのバンドがやってる間にセットチェンジしてインターバルなしでどんどんライブをこなしていく。ポンポン行くのでかなりいい。

◯磯部正文BAND
元ハスキングビーの磯部正文率いるバンド。だんだんと顔がいい兄ちゃん風になってきて嬉しい。声がよく通るしこれまた良い声ですね。エアジャム全部参加中らしい。一発目をしっかりと盛り上げてくれました。ハスキングビー時代のギターどんどんもゲストで参加してバンド時代の曲、WALKや新利の風をやっていただけました。あとソロのアルバム以前に買っていてお気に入りだったDo we know?とPaper airplaneも聴けて良かった。全7曲。ナイストップバッター。


◯10-FEET
磯部正文がハイスタ世代ならばその1個下の世代。ハイスタに憧れてエアジャムを見てた世代。もう本当に嬉しそうでしたね。REVERから始まって1sec、STONE COLD BREAKを挟んでのgoes onでシメ。変に狙わないでしっかりと盛り上げるセットリストでした。


◯Pay money To my Pain
ノーマークでした。バンド名が長いので便所に行って最後の方ちょっとだけ聴いた。ボーカルがタトゥーびっしりなのにやたらと敬語だったのが微笑ましい。


◯SCAFULL KING 
楽しみにしていたサブライムの代打。パンフレットでも当日のライブでも代打、代打と言ってましたがなかなか良かった。ポットショットやらケムリやらが大人気だった時代のスカパンクバンド。ライブを見たかった事もCDを聴いた事もなかったんですがあのホーン隊の音が聞こえたてくるだけでテンションがあがる。ただ、2時に寝て6時起きのツケが出て来た…2、3曲聴いた所で記憶がない…よかったのに…


◯FACT
こっちは10-FEETよりももっと下。現在若者に大人気のバンド。ロッキンオンだかなんだかを読んでいたらお面をかぶってて日本への逆輸入バンドっていうふれこみでやたらと持ち上げられていてサマソニで見に行ったら予想と違ったので少しだけ聴いて他へ行ってしまいました。こちらもSCAFULL KINGからの流れで記憶がない。最後の方に何とか復活して聴きましたがギャル男みたいな男の子が一所懸命に歌っていました。何か勝手に電子音系のユニットと勘違いしてサマソニではかわしてしまいましたが偏見を取り払って見てみるとかっこ良かった。


◯MURPHY’S LAW
外人のバンド。ハイスタと仲良しらしく来たらしい。マーフィーズロウって言うから LOW IQ 01の仲間かと思ったら全く違うしLAWとLOWの違いだし何の関係もありませんでした。眠気が一発で吹っ飛びました。曲もバンドの雰囲気も全く知らないのにめちゃくちゃ楽しかった。まずは黒人のオジサンがサックスのソロ。もの凄くかっこいい。そういうバンドかな?と思ったら後ろからストーンコールドオースチンみたいなでかいスキンヘッドのボーカルが出て来てちょっと歌ったと思ったら客席にダイブ!さらにビールをぶっかけたり客ひとりひとりにビールを飲ませたり「ポイポイポピー」とかってあやまんJAPANのネタをする。さらにそれにメンバーもそれに演奏を合わせるから面白いしかっこいい。曲はどうか分かりませんがライブは間違いなくかっこいいし面白い!


◯KGDR(キングギドラ)
大御所がきた。こちらも久々の復活。こちらもアポカリプスナウというチャリティソングを作ってエアジャム唯一のヒップホップからの参戦。UNSTOPPABLE聴けちゃった!何使ったって止めらんねえ!誰がやったってこえらんねえ!K DUB SHINEことビッグコッタ渋谷のドンも初めて見れました。こちらも大学時代から「俺の街ぃ〜渋谷〜」という何とも滑稽な言い方をかなりモノマネさせてもらいました。ただ、、、ハイスタを中心とするパンク寄りのイベントだっただけに盛り上がってるのは俺を含めた何人か。もったいない!

ZEEBRA、K DUB SHINE「空、空!」

「空からの力!」

と言う所を

ZEEBRA、K DUB SHINE「空、空!」



ZEEBRA、K DUB SHINE「空、空!」



ZEEBRA、K DUB SHINE「空、空!」

ZEEBRA「空からの力!」

自分で言ってました。悔しい…なんだかんだでかっこ良かったですよ。


◯LOW IQ 01 & MASTER LOW
おしゃれ。もっといかつい感じの人かと思いきや結構、お茶目な人でした。CDは持っていますがあんまりぴんと来ない感じでした。ライブ中もまた寝てしまった…かなり人気はありました。後ろで演奏してたのは前に出たスキャフルキングのメンバー。


◯TURTLE ISLAND
全く知らなかった。メンバーが多く和太鼓やら馬頭琴やらがいて初見はかなり気に入りました。かっこいい!どこからこんなのを見つけて来たんだ。そんな思いで楽しみに見てました。しかし!!!長い…ずっと良い感じでライブも進んでてここで10分おしてしまった。これが最後の1曲かな?と思ったらもう1曲。悪くなかったのに残念。


◯WAGDUG FUTURISTIC UNITY
元マッドカプセルマーケッツのKYONOの新バンド。やっぱりベースが良かった。RIZEのKENKEN。あの長髪でわかりました。客のあおり方とかもいい。疲れて外に出た時にガンガンに暴れ回ったらしきお兄ちゃんが「ベースがかっこ良かった!」って興奮して言ってました。そりゃKENKENだ。RIZEとしても知ってるけど兄弟そろってゲーマーでファミ通でコラムをやっているのでよく知ってます。


◯the HIATUS
エルレガーデンの細美武士の新バンド。怖いからあんまり言いたくない。2年くらい前にエルレガーデンのCDを紹介してちょっと「このメンバーでずっとやれる。」みたいな発言をしつつ解散してんじゃん!と小馬鹿にしたら信者であろう人からちょっと怒ったコメントがきてしかも最近になって解散してませんよーと訂正のコメントを頂きました。あんまり文句言うとまた怒られそう…今回も市川容疑者似のイケメンでした。


◯ME FIRST AND THE GIMME GIMMES
最高。NOFXのファットマイクがLagwagon、Foo Fightersというアメリカのメロコア、ロックバンドのメンバーが集まって色々な曲をカバーするバンド。オリジナル曲はなし。サマソニでこのバンドかオアシスか迷ってオアシスはまたすぐ来日するだろうとこっちを見たらオアシスの方が解散してしまいエアジャムでまた見れちゃうという皮肉。ライブは俺が最初にはまった曲Over The Rainbowも聴けた。さらにこれだけじゃない。

ボーカル「ニホンゴワカリマセェ〜ン」

と言いつつ始まったのが甲斐バンドのHERO。確実に練習してるのがうけた。さらにあの日本を代表する名曲のカバー

ボーカル「ニホンゴワカリマセェ〜ン」

の後にブルーハーツのリンダリンダ。しかもサビで盛り上がる所で盛り上がらずそのまま流して見てる人の予想をはずされてまた大爆笑。もうここらへんからドキドキし始めた。


◯マキシマム ザ ホルモン
もう何回もライブを見たので軽く見ていました。ただこのバンドも予想をはるかにこえてくる。ME FIRST AND THE GIMME GIMMESがリンダリンダならこっちもブルーハーツのカバー。カバーアルバムにも収録されていた皆殺しのメロディのカバー。まさかライブで聴けるとは思わなかった。残り2バンドのブラフマンとハイスタにどう繋げるのかと最後の曲を待っていました。

「嵐を起こせ!」

まさかの嵐のA・RA・SHI。ここでカバーか!これがまたかっこいい。本家よりもいい。大学の後輩の亘のカラオケバージョンくらいのかっこよさ。調べてみたらライブで何回かやった事あるそうです。聴けて良かった。


◯BRAHMAN
大学の時に1度だけ渋谷のクアトロでライブを見ました。それ以来。ARRIVAL TIMEで始まって青春時代を思い出して興奮。さらにここでまさかのボーカルのTOSHI-LOWのMC。

「この中で一番今日の日を楽しみにしていた俺たちBRAHMANはじめます!」

いや〜パンフレット見てても震災に対して復興ライブやらを色々やって考えてハイスタの復活を楽しみにしてたのが伝わりました。ここでちょっとグッときてしまった。さらに1回ライブを見た時も

「次はシェルターも楽しんで行って下さい。」

とブラフマンだけを見て帰るファンが多いんじゃないか?と懸念して一言だけ言い残してライブを終えました。ほとんどMCやらないんだという印象があったんで心から喜んでるのがわかった。

SEE OFFも聴けてANSWER FOR…の時に客席へダイブ。しかも体をまかせてそのまま流されるんではなく客の上を歩いてました。ここでまたMC。

「エアジャムの時に横山が鬱病になって難波がどなり散らしてツネがオロオロしてライブできねえんじゃねえかっていう状態で控え室でグチグチ言ってたらメンバーからここでグチグチ言ってねえでライブで勝負しろって言われてその時にNHKで侍の死に装束を見てライブを全身白で行ったらみんなに白シャツって言われた。」

みたいな事を言ってました。オチの部分が白シャツだったかどうか…違うかもしれない…しかも難波のインタビュー見てたらエアジャム後に嫌になって沖縄に行ってスタジオを作ってたとか行ってたからコイツのわがままかと思ったら横山さんの方だったんですね。

もうそれで普段やらないMC、ハイスタへの思いなどが一気に合わさってまさかの俺号泣。しょうがない…

さらに

「俺はいつライブで死んでも構わねえって思ってるけど今日だけは次のバンドを見てえ。」

みたいな事を言って本当に好きなんだなと思ってまたきた。

もう客の上をのし歩いて歌ってMCをする姿が大型ビジョンにうつったんですがまるで映画を見てるみたいなんですよ。普段、人の悪口しか言わないんですが文句なしにかっこ良かった。

ちなみにスルメを食って歯がかけたと言ってました。


◯Hi-STANDARD
すげえ待った。まずは輝け!つって超名曲STAY GOLD。もうここで最高潮。2曲目MY HEART FEEL SO FREE。3曲目が夏は終わってないねとSUMMER OF LOVE。4曲目がCLOSE TO ME。5曲目が大好きなDEAR MY FRIEND。6曲目WAIT FOR THE SUN。7曲目がTEENAGERS ARE ALL ASSHOLE。8曲目がFIGHTING FISTS ANGRY SOUL。そんでクレイジーケンバンド(横山剣)じゃない方の横山健がLOVIN YOU。

難波「これが聴きたかったんだよねぇ〜」

とほめる。9曲目CAN’T HELP FALLING IN LOVEで一旦終わり。

アンコール

10曲目STARRY NIGHTが11曲目BRAND NEW SUNSETで終わり。

難波「よーし始めようぜ!また来年会おう!」

始めようぜでまだあんのかと思って勘違い。さらにMOSH UNDER THE RAINBOW聴きたいと思っていたら最後に流れたのでやったーと思ったらSEでした。

最後にドラムが下向いて叩いててメンバーも嬉しいんだと思ってまた俺泣く。

感動した。サマソニも好きだけど今回は特別でした。

ここで変な人コーナー。

◯すき家の男。
「女はパンクのライブに来るな!」「俺達がエアジャムあるよって言ってはじめて知るような奴らは来る権利ない。」と俺はもうエアジャムの事なら何でも知ってっからばりの自慢やらバッシングをバンバン言ってた。一緒にいた男の子や彼女らしき人はめちゃくちゃ良い人そうなのに…この人は俺と同じで回りが大人で自分がクズなのがわからずにいつまでも暴走し続ける可哀相な人なんだと思いました。11年前は仲間が30人いたらしいですけど連絡取れたのが7人くらいらしいです。多分、この人がうざったくなって嫌になったんでしょう。

◯命令形女。
関内駅に降りるとチケットを買えなかった人が売ってくれ!と並んでました。みんな切実な思いを紙に書いてチケット欲しい!とアピールする中で

とどけ!

とハイスタのメンバーがツイッターで書いた言葉を書いてる女の子がいました。思いはとどいたんでしょうか?多分、とどいてない。

◯なりきり男。
ブラフマンの歌と同じように魂を込めて目の前にエアマイクを置いて熱唱&変な動きをする彼。あれはステージ上のメンバーがやるからかっこいいのにスタンド席で入り込まれると横で見てて恥ずかしい。隣の彼女らしき人はそれをニコニコ見てて愛を感じました。

◯気持ち悪い小太り三十路の俺。
普段、こういう感動系を馬鹿にしつつもまんまと感動してしまい号泣してしまいました。もし自分がその状況を回りで見てたらアイツデブのくせに何泣いてんだよ…気持ち悪い…と言ってしまうくらいでした。ライブで感動したのはサマソニのシンディ姉さんのライブ以来です。回りの人、不快な思いをさせてごめんなさい。

意気揚々と帰ろうとしたら鶴見で人身事故…中華街でメシを食って地下鉄で帰ろうとしたら途中で前の電車が止まって地元の終電に間に合わず弟に途中まで迎えに来てもらいました。ありがとう。

余談ですが隣の兄ちゃんが俺の席の下に食い終わった容器を堂々と置いて来たので最初は大人の対応で兄ちゃんの所に戻したら「あっ!すいません!」とか言うから「だいじょうぶでえす。」と許したらまた同じ事をやってきた。仏の顔も2度まで。ライブを楽しんでたので文句言ってお互い嫌な気持ちになるのが嫌だったんでそっと空の容器をその人のTシャツが入った袋にしまっておいてあげました。便所から帰ってくると容器は綺麗も無くなって綺麗になってました。

今日の1曲目はHi-STANDARDのシングルLove is A BattlefieldからCan`t Help Falling In Loveを紹介します。アンコール前のラストで演奏した曲。俺としてはトゥットゥットゥッルットゥットゥッイェイの練習をしてたのでSUNSHINE BABYとかもやって欲しかったのですがセットリストとしては聴きたい曲はけっこう聴けたので良かったです。

※MCとか思い出しながら書いたので間違えてる所もあると思いますが勘弁して下さい。
音楽について | permalink | comments(1) | -

深夜高速。



今日の1曲はオムニバスアルバム深夜高速 -生きててよかったの集い-からフラワーカンパニーズの深夜高速を紹介します。

とりあえず曲名からyoutubeにいけるので曲を聴いてみて下さい。前も書きましたが大学の時にチョロっと出て来てヤングフラワーズというアルバムを買いました。あ〜まあまあだな…と思ってそのまま消えてくだろうと思い放置しておりました。

10年程たってテレビ東京でやってた深夜ドラマを見てたらこの曲が流れました。なんて良い曲なんだ!感動した。その前にも少しは聴いた事あったんですけど良い曲じゃんと思いながらスルーしていて改めて聴きあったら買おうから絶対に欲しいになりました。

探してたらお茶の水のディスクユニオンで中古があったのですがちょっと高いな…とスルーしたら見事にその後どこにも売ってなくて先日、我慢できずにタワレコで新品を購入。超ヘビーローテーション。

困った時のウィキペディアによるともともと会場限定で売っていたのをスタッフ、関係者がこれじゃもったいないと売ったとの事。そりゃ関係者が正しい。

そしてバンド結成20周年記念としてこの深夜高速のみを色々なアーティストがカバーしたカバーアルバムを出します。そこでまた注目される。

ベストアルバムにも収録されているのですがそうじゃない。本人も含めて色々なアーティストが歌った深夜高速が聴きたい。今までの色々な人が参加するカバーアルバムは好きなバンドがカバーしたらその曲じゃないだろ!というマニアックなカバーだったり代表曲をちゃちいバンドがカバーしたりで納得するのがありませんでした。

しかし、このアルバムは全員が同じ曲。

1深夜高速 (2009) / フラワーカンパニーズ
2斉藤和義
3金子マリ
4怒髪天
5ミドリ
6中孝介
7泉谷しげる
8湯川潮音
9おとぎ話
10キャプテンストライダム
11かりゆし58
12藤田大吾 (aluto)
13GO!GO!7188
14YO-KING
15フラワーカンパニーズ

1曲目が新録バージョンで15曲目がオリジナルバージョン。期待してたのが斉藤和義、泉谷しげる、GO!GO!7188 あたり。さらに好きなバンドのキャプテンストライダム、かりゆし58とYO-KING兄貴。最初の3人は自分たちのスタイルを貫いてそれぞれの特徴が出てていい。

とくに泉谷しげるなんかはフラカンのメンバーが演奏に参加して曲がはじまる前に「いいんじゃないの?間違えたって!とりあえずやろうよ!」と本人達を目の前に図々しい事を言います。実際に曲がはじまると音程もずれてます。ただ、泉谷しげるの歌い方で絶妙の味があり斉藤和義やGO!GO!7188よりも好き。

その中で一番感動したのがノーマークの藤田大吾。最初は誰だこいつしか思いませんでした。しかし、アルバムを全編とおして聴いたら一発でこの人の深夜高速を気に入りました。途中まではシンプルなピアノとアコギのみ。これが幻想的で一気にひきこまれる。途中から色々な音を重ねて盛り上がっていくんですがこれがじわじわじわじわじわじわじわじわ盛り上がってきて寝る前に聴いたらテンションが上がって寝れない。しかし、ちょっと切ない部分もあるので夏から秋に変わる仕事の会社から出た瞬間にこの曲を聴いたら感受性の強い人は余裕で泣ける。盛り上がりも切なさもある不思議な曲に藤田大吾さんは編曲してくれました。

最初は正直、同じ曲だけのカバーアルバムってどうなの?と思いました。俺の友達にちこっていう気に入った曲をコンポの前15センチの近距離で正座したまま無表情で何十回もヘビーローテーションするヤツがいるのですがそんな猛者じゃなくても同じ曲を楽しめる最高のアルバムです。

フライングゲットを握手券目的で買うくらいなら俺が握手してあげるからこのアルバムを買った方がいい。アイウォンチュ〜!!!アイウォンチュ〜!!!

余談ですが今、小馬鹿にして歌詞を書いてやろうと思ってAKB48のヘビーローテーションをyoutubeで聴いてみたのですがこの曲もいいですね…実際にヘビーローテーションしてしまった。こんな良い曲に女の子と握手できる券がつくなんてそりゃ売れるわ!何百枚も買わないけど…

なので深夜高速 -生きててよかったの集い-とヘビーローテーション両方買えばいいと思う。
音楽について | permalink | comments(0) | -

サマソニ2011。2日目。



◯MAN WITH A MISSION ビーチステージ
狼覆面バンドが真夏の浜辺でライブ。12時からだったので1時間前から最前列で待ってました。最高!サウンドチェックの時もわざわざメンバー全員で自らが音チェックして1曲お得に聴けた。しかもメンバーはDJ、ギター2人、ベース、ドラム、ボーカルなのですがメインボーカルはほとんどギターの人が歌いたまにマイク持ってるヤツが歌う。これがヘルマンエイチ&ザペースメイカーズが正体だと言われる理由なんだと分かりました。アルバムは1枚しか出てないので聴きたい曲はほとんど聴く事ができました。2日目はいきなり燃えた。アゴにピアスした何度もダイブしてたクソガキが裏のテントでチョコンと座りたけのこ里を食ってるのがかわいかった。

お母さん「コラ!たけしあんた暑いんだから熱中症。」

たけし「大丈夫だよ!母ちゃん。」

お母さん「あんた人様に迷惑かけんじゃないよ!お腹すくからこれ持って行きな!」

そう言われて持って来たのがたけのこ里でしょう。

◯YELLE マウンテンステージ
フランスエレクトロユニット。2枚目のアルバムを予習して行かなかったのですが楽しかった。ボーカルの女の子がキャッツアイみたいな格好でエロかった。

◯TWO DOOR CINEMA CLUB マウンテンステージ
移動が面倒だったのでそのままいた。全くのノーマークのバンドだったのですがこれがまた良かった。CDを買って勉強します。

◯PANIC! AT THE DISCO マリンステージ
こちらもニューアルバムの予習をしないまま行きましたが1枚目、2枚目のアルバムからも曲をちょこちょこやってくれたのでなかなか楽しめた。もうちょい俺が好きな曲をやってくれても良かった。

◯マキシマムザホルモン マリンステージ
大好きなバンドでシングル、アルバム全部持ってますが最近、ファンの女の子がどうも受け付けない。メロディも曲もメンバーも好きなのですがファンがだめ。めちゃくちゃかわいくてエロい子でも全くチンコが立つ気がしない。それ以前に千葉県抱かれたくない男1位の俺に言われたくないと思います。さらに最後の客全体で「麺かたコッテリ」という儀式みたいなのをやるんですが今まで3回くらいライブを見ましたが初めて拒否した。1人で見てたのですが俺の回りはスタンドにも関わらず総立ち。しかし、隣に拳を握りしめる男の人がいた。頑に立たず拳を握りしめてヒザの上。こいつは男の中の男だ!勝手に仲間意識を持ってました。ちょっと麺かたコッテリの麺かた!の時に手を目の前に出しかけましたが俺の裏切るなよ!貴様!というテレパシーのおかげで踏みとどまってくれた。新曲バンバン出して欲しい。

◯X JAPAN マリンステージ
もうこの頃にはかき氷の食い過ぎていつもの下痢。しかし、絶対に自分から金払ってライブも見に行かないだろうけど曲はかなりかっこいいんでぜひ見たい。それ以上にファンが見たい。マキシマムザホルモンの終わりの方から頭がピンクの3人組など怪しいのが続々と登場。きたきた。さらにライブ開始10分前になると回りのサマソニTシャツと一線を画す格好の人達が立ち上がり腕をクロスしてまばたき以外は微動だにせずステージを見つめる。暑いしライブを待ってる間の5分、10分は長いのに汗ひとつかかずメンバーの登場を待つ。マキシマムザホルモンのファンは何か中途半端な気がするんですがX JAPANファンはもうそういうのを突き抜けた宗教みたいな感じで潔くてかっこ良かった。ライブはYoshikiがドラムのくせに1段高めだしよく前にしゃべりに出て来るはでこの人の為のバンドなんだというのがありありと分かる内容でしたがドラムが超絶うまくてかっこ良かった。

Yoshiki「ここ千葉県で生まれToshiと出会い西に行って 中略 ヒデと別れ2ヶ月前タイジと別れこの場を借りて1分間黙祷をさせてもらいたいと思います。」

Yoshiki「んもぉくとぉ〜!!!」

今までゆっくりしゃべってたのにいきなり大声出すもんだからファン以外の人は一瞬ビクッ!となって2秒くらい黙祷の時間を損しました。

ちなみにここでも最後はダチョウ倶楽部なみの伝統芸能Xジャンプを回りでやってましたが俺と隣の同士は微動だにせず。

◯RED HOT CHILI PEPPERS マリンステージ
もう完璧。夜のマリンステジアムに10分遅れくらいでメンバー全員登場。さすがに俺も立った。同士はどこかに行った。少女時代か?1曲目はいきなりのバイザウェイ。多分、もうすぐ出るニューアルバムから新曲をちょっとはさんだと思いますがアンコール前の俺の大好きなアンダーザブリッジをやってラストは「ギブルウェイ!ギブルウェイ!ギブルウェイ!ナウ!」でシメ。最高。それにしてもよく最後の花火を絶妙なタイミングでやれるなと思ったら今回はメンバーがいなくなりそうな時に遅れての花火。まだ何かあると思ったじゃないか!来年の地球滅亡の前にレッチリ様のライブが見れて良かった。ひとつ言わせてもらえばギターがジョンフルシアンテから若いのに変わってオジサン全員が気を使ってる感じがした。アンソニーもチャドもフリーも我が我がで演奏してるのにギターだけまだ甘い感じがしました。ちなみにいつもアンダーザブリッジとスカーティッシュのイントロを間違える…

2日目のベストアクト マンウィズアミッションとレッチリ。

どちらも選べない…

サマソニ2011で得たもの。

左腕のダニに噛まれた様なあせも。

かき氷5杯目でいきなりきた知覚過敏。今日、虫歯かと思って歯医者に行ったら知覚過敏でした。しばらく冷たいものを避けなさいとの指導。

エエエックスゥ!!!

今日の1曲はThe BugglesのAdventures In Modern RecordingからFade Awayを紹介します。ファーストアルバムが俺の洋楽コレクションの中でベスト5に入るほどの完璧なアルバム。CDショップでは現在もちゃんと売っているのに対して日本盤はとっくに廃盤になっています。確かに1枚目ほどの衝撃は無いもののそこらへんのバンドよりはかなり安定感があります。

うきょおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!

これを書いてる途中で気になってウィキペディア見たら2010年に再結成して3枚目のアルバムを制作中らしいです。絶対買う。
音楽について | permalink | comments(0) | -

サマソニ2011。1日目。



去年はいまいちだったので2年ぶりの参加。

今年は車で行く事に挑戦。7時過ぎに家を出て1時間くらいで着きました。駐車場も余裕であるし1日千円なので来年からはこれがいいと判断しました。

◯SHARKS マリンステージ
クラッシュの再来と言われてるらしいパンクバンド。イントロはなかなかでしたが歌が始まるとあ〜…となる。クラッシュの再来は言い過ぎかもしれない。パンクバンドのボーカルは下手でもいいを地でいっている。

◯BOA マウンテンステージ
今年のマウンテンは歴代で一番、広かったかもしれません。次のパヒュームの為に移動したら最後の曲だけ聴けました。タイトなジーンズにねじこみました。3分くらい見ただけので書かなくてもいいと思う。

◯Perfume マウンテンステージ
最高。超満員札止め状態の混みっぷり。さらにシャークスと違ってまるでCDを聴いてるのかの様な歌声。寸分の違いもありません。そりゃそうだ。しかも後ろの方だったので歌はCD、ダンスは映像じゃyoutube見てるのと一緒じゃないかという疑問を押さえ込んで楽しみました。ダンスもかわいい。ただ、今までの評価はあーちゃん→盛り上げる人。かしゆか→髪の綺麗なブス。のっち→かわいくて足がエロい。こういう評価だったのですがのっちの足は相変わらずベロベロ舐めて股間に挟みたいくらいなのですが頑張ってるかしゆかが以外とかわいいという事が判明。後は盛り上げコーナーで歌ってましたが普通にうまい。チョコレートディスコ、ポリリズム、ねぇ、ストレートなどヒット曲満載で楽しかった。ライブを見るなら前の方で見たい。

◯THE TING TINGS マリンステージ
今日1番の楽しみでした。まだアルバムも1枚しか出して無いしメインのマリンスタジアムじゃ荷が重いかなと思いました。まさかの1曲目からGREAT DJ。ポリリズム、リンダリンダなみの代表曲。最後かと思ったらいきなり持って来たのはいいんですが声が全く出てない…カラオケで出だしを間違えてもう始まってるよ!とつっこまれる位の声の出てなさ。ひどい…前日の朝、5時までカラオケやってるからだ。ファーストアルバムは下痢になるくらい聴きまくったのにもうすぐ出るセカンドが心配になるくらいの内容でした。

◯VILLAGE PEOPLE ビーチステージ
西城秀樹のヤングマンの原曲の人達。すげえ楽しかった。メンバーがゲイというキャラクターもいいしビーチステージの開放感がぴったりと合いました。大学の友達ののりちゃんと一緒に見たんですが偉そうに「YMCAだけじゃなくてゴーウェストの原曲もこの人達なんだよ。」と偉そうに教えてあげましたがなかなかやらない。あれ?俺、間違えちゃった?という心配をよそに帰って行く…やべえ…と思ったらきっちりとアンコールですぐに帰って来てゴーウェストとYMCAをやって帰りました。途中のインザネイビーとマッチョマンも良かった。さらも日本人はよくイエローモンキーなんて馬鹿にされます。YMCAのMの部分を日本人は頭の上でMを作りますがそれは間違いだそうです。「NO!MONKEY!」と言ってMは胸の前だと教えてくれました。好感度アップ。

◯ARRESTED DEVELOPMENT ビーチステージ
スピーチ率いるヒップホップグループ。もっと打ち込みの音かと思ったらちゃんと生バンドでやってパワフルなでかい黒人のお姉さんの歌声とかっこいいラップが合体しててなかなか良かった。メシを食って海を見ながら聴いてたんですがこれがまた雰囲気が出て良かった。全く予習なしだったけどCD買いたいと思えました。

※ただのぶさん ビーチステージ
ARRESTED DEVELOPMENTを見てたら横にめちゃくちゃかっこいい外人が。色白であご髭がはえててTHEアメリカ人という感じでこんなオッサンになれたらいいなと人種を越えて憧れてました。こんな外人とどうやったら友達になれんだよと見たら

浅野忠信

うひょー!超びっくり。全然気づかなかった。ただのぶさんも渋い。嬉しかった。ちなみに次の日、分かるんですがこの外人さんはビーチステージの司会みたいな人でブライアンバートンルイスさんという人でただのぶさんとバンド組んでるそうです。ライブ見てみたい。

◯THE STROKES マリンステージ
1日目のトリ。この人達もマリンでトリなんてまだ荷が重いのかと思っていたらフジロックでもトリをしたりアルバムも全部バンバン売れてかなりの大物になってたみたいです。1枚、アルバムを持っていますがそこまで聴いて行かなかったのと夜の雰囲気で寝てしまった…

あんまり期待できない初日でしたがなかなか面白かった。期待してないがかなり良くて楽しみにして行ったのがあまりという内容でした。

ちなみに会社の人はただのぶさんに加えて岡本健一、吉野紗香、生田斗真も見たそうです。ただのぶさん自慢の上を行かれてしまった…サマソニではそこじゅうを芸能人が歩いてるから楽しい。

初日のベストアクトはダントツでVILLAGE PEOPLE。

今日の1曲はThe BeatlesのWith The BeatlesからRoll Over Beethovenを紹介します。ロックの神様チャックベリーのカバー。原曲もビートルズバージョンの両方好きです。
音楽について | permalink | comments(2) | -

はじめの一歩



名前をなくした女神を尾野真千子のムッチムチの体つきを見る為に毎週チェキラしております。今週のを見てたら萩原聖人との別れの時に子供達が先生の為に歌うシーンがあります。

小さな鳥が歌っているよ〜という歌で始まる歌詞でビックリするくらい良い歌でした。すぐにネットでこの歌詞を調べたら出てきました。

はじめの一歩

茨城のヤツはレゲエが好き、メタル好きは静かでめちゃくちゃ良いヤツの法則に続く法則で合唱曲には名曲が多いにぴったりとあてはまる曲。

俺達の頃は無かったと思いますので最近の曲なんでしょうか?歌詞は単純でありきたり何ですが凄く前向きで日々の生活の中で汚れきった心を癒してくれます。

中川ひろたかっていう人が作曲したみたいでこの人が作曲した虹ってのもなかなかでした。

ドロドロのお母さん同士の喧嘩の中で子供達の純粋な心が表現されていてかなり良かったです。本当に嫌な事があった人は気をつけないと泣く。

ぜひ聴いてみて下さい。

はじめの一歩といえばボクシングマンガ。マガジンは毎週、買っていて読み終わったら弟にあげています。付録のポスターを壁に貼ってみたりまっぷたつに切り裂いて置いといてみたり冷蔵庫に入れて冷やしマガジンにしてみたり色々趣向をこらしています。

最近のはじめの一歩なんですがやっと一歩の試合が始まったんですがアニメ版ドラゴンボールのフリーザと闘っている時に元気玉を打つ為に元気を貰うだけで一ヶ月を終わってしまう様な内容が続いています。

試合が始まる→両者一歩も動かない!→見つめ合って終わり=ページがもったいない。

そんな内容だったのでかわいい弟に楽しんでもらえるようにやっとパンチを打って当たったコマに赤ペンで血しぶきを書き足して臨場感をアップさせておきました。

ただ、全然読まないのでそのページを開いてそこだけ見せました。せっかくなので暇があったら毎週俺が加筆してあげようと思います。

最終的には宮田君ではなく矢吹ジョーと闘かわせてあげようと思います。

今日の1曲はGOING UNDER GROUNDのシングル初恋を紹介します。この曲はベストにしか入ってないのでシングルを買いました。3曲入りで全部カバー。村下孝蔵の初恋。奥田民生のイージュー★ライダー、スピッツのYと俺の好きな曲を松本素生が歌う。原曲だけでも感動するのにそれを松本兄貴があの声で歌いあげる。最高。ディスクユニオンで100円で買ったのですが超お買い得でした。ジャケットも俺の夢に登場した掘北ちゃんだし言う事なし。
音楽について | permalink | comments(0) | -