さよなら人類in流山 ヨッシャヨッシャヨッシャァ〜

自分の手に入れたCDを日記とともに紹介して行きたいと思います。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

カメラを持つ変質者。



例年よりも幾分か寒くやっと春がきた感じがします。

あったかくなるとうかれて変な事をしたくなる。

回りにもおかしい人がでてきますね。

家の近くで帰宅中に信号待ちをしてたら早速いました。

目の前にいる男がひたすら一眼レフカメラで地面を覗いている。

恐ろしい…

こういう変質者を見ると近づいてはいけないと分かりつつも限界に挑戦したくなるのが人間の性です。

じりじり、じわじわと近づいて行きました。

全く気づかずにカメラを一心不乱に覗く男。

1mくらいまで近づいた。

くるっと振り向いた…

やばい…

変質者「おう!!!」

殺される!

もしくは激写される!

変質者「パチンコかぁ!!!」

なぜ俺がパチンコ帰りだと分かるのか?

そうです。

還暦を未曾有の大震災から1年後にめでたく還暦を迎えた私の父親でした。

信号待ちで知らない人も怖いけども自分の肉親だった時もある意味怖い。

相変わらずぶれない。

今日の1曲はDetachmentsのDetachmentsからI Don't Want To Playを紹介します。英国で購入。これは明らかに電子音系でしょうと予想して買いましたが想像通りのエレクトリックでした。ジャケ買い成功。
親父 | permalink | comments(0) | -

兄弟パワーVS父親。



土曜日。

俺、臥牙丸(ガガマル)嫁、縄、ヘフシ、弟、妹、妹の旦那のスズキン、由美ちゃんと夕飯を食った後に俺の部屋で妹の希望で録画してた相棒を見ていました。

そこに寂しかったのか父親が登場。

めんどくさかった。

とりあえず友達には絶対に挨拶をできない父親。それをうちでは洗礼と呼びます。たいていの場合

友達「こんにちは!お邪魔してます。」

父親「…」

友達「…」

俺「おい!挨拶してくれてんだろ!」

友達「こ、こんにちは…」

父親「…」

俺「おい!挨拶してくれてんだろ!こんにちはでしょ!聞こえてんのか!」

父親「聞こえてるよ!」

それでも絶対に挨拶できない。それだけに邪魔なんです。

俺の部屋に登場して余計な事しかしないので文句を言ってやろうと思いました。

俺の部屋のドアが震災の後に閉まりにくくなったのを父親にぽろっと言ってしまい夜中にいきなり部屋のドアをガチャガチャ直しはじめて余計に閉まりにくくなるという事件がありました。

それを使う。

俺「この前、ドアをガチャガチャやって余計に閉まりにくくなったぞ!」

父親「そうかぁ?」

文句=どっか行け!だったのですが文句=直してくれ!と勘違いしたのかいきなりトンカチを持って来てガンガン叩き始めました。

うるさい。しかも全く直らない。

3分して

俺、妹、弟「もうやめてくれ!」

兄弟3人の必死の懇願をあざ笑うかの如く

父親「もう1回だけ!」

何かドアの溝の所に小さい木を挟んで接着剤で止めようとしてました。

俺、妹、弟「もうやめてくれ!」

木がくっつく前に急いで取りだして父親を追い出しました。最後の捨てゼリフが

父親「削るしかないか…」

俺、妹、弟「もうやめてくれ!」

小さい頃から俺は何でも知ってるぞばりの顔で当たり前の様に手を出して来て何の結果も得られない場合が多かった…それに気づいたのは兄弟全員が成人してくらいでしょう。

大人になってこいつには何も触らせちゃいけない。独自の考えで行動し事態を悪化させる。

父親を追い出してから全員に火がついた。これ以上、父親に部屋を破壊させたくない。

俺達でドアを直そう!

ネジを見たりドアの構造を調べる。ドアをはずしてネジを回してみる。

会社名を調べて丁番の調整の仕方を調べる。

他の部屋のドアとの違いを調べる。

1時間半ほどすったもんだしてその瞬間はきた。

バタン!

全員「うお〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!」

見事にドアが美しく閉まりました。

感動。

毛利元就の三本の矢のごとく1人1人の力は弱くても全員が力を合わせればドアも直せる事がわかりました。

うちの毛利元就はそれを教えたいが為にドアに木を接着剤でくっつけようとしたのでしょうか?絶対に違う。

今日の1曲はDOPING PANDAのHigh BirdからIt's my lifeを紹介します。この前、北千住のブックオフでドーピングパンダを買い込んできました。だめな父親と俺達3兄弟。俺は長男。It's my life!
親父 | permalink | comments(2) | -

ガムテープ犬。



平日、家に帰って来ると寂しかったのか臥牙丸(ガガマル)が2本足で立ってジャンプして「俺を出せ!」とアピールしてくれます。

メシを食う前に外に出して遊んでいて顔をさすってやると何か違和感が…

顔にべっとりとガムテープ…

誰だぁ!!!!!!!!!!!!!!!!!

本人は全く気にしてないしガムテープの色と毛の色が同化しててしばらく気づきませんでした。

ひっぱると毛が抜けてしまうので顔をおさえてハサミでガムテープを切ってあげました。

俺「臥牙丸(ガガマル)にガムテープをつけたの誰だぁ!!!!!!!!!!」

父親「俺かもしれん。」

しれっと答えやがりました。

母親に聞くとガムテープを臥牙丸(ガガマル)の前にピラピラさせてからかっていたので怒ったそうです。前も懐中電灯の光を顔にあててめったに吠えない臥牙丸(ガガマル)をガンガン吠えさせたりしてる。

やめてくれ!!!

そうやって子育てされた俺がこんなふうになってしまったのだから犬だけは…犬だけは勘弁して下さい!

臥牙丸(ガガマル)がミカンの皮を食ってて家族全員が父親があげてるのを見てるのに

父親「ガガが勝手に持って行った。」

と嘘の供述もするし無茶させすぎでしょうよ。

許さん!

今日の1曲はYMCKのYMCK SONGBOOK -songs before 8bit-から人間なんてを紹介します。あのピコピコ音ウィスパーボイスグループのカバーアルバム。すべてフォークソングとニューミュージックの名曲が収録されています。なかなか渋い選曲。ちょっと飽きてきてたけどちょっと持ち直した。
親父 | permalink | comments(0) | -

父ちゃん。



この頃、何も起こさなかった父親。さらに大人になったなぁと思っていたら…

朝、起きて会社に行こうとしたら俺の部屋に間違えて父親の半袖のシャツがかかってました。ずっとYシャツは半袖だと学生かオッサンのどちらかのように見えてしまう気がしたので着ませんでした。

1回、着てみようと父親の半袖のシャツを着て会社に行きました。これが間違いだった…

その日は何事も無く終わったのですが次の日の朝、6時。

父親「半袖、ここに置いておくからぁ!!!」

俺「えっ…ああ。」

父親「今日、半袖のシャツ買いに行くけど買ってくるか?」

寝ぼけてて思考能力低下してる中での質問に加え、別に買ってくれるなら問題ないだろうと

俺「ああ。じゃ、じゃあお願い。」

何で朝からシャツを持って来たんだ?

母親に聞くと俺が父親の半袖を喜んで着ていったと言ってしまったそうです。

その時は

父親「何だよ〜自分で買えよぉ〜」

と言ってはいたが母親と娘がかわいい服をシェアして同じ服を着て喜ぶかのごとく還暦の親父のシャツを三十路の太った息子が着て会社に行ったのが嬉しかったらしく

父親「あいつが半袖買ってきてくれって頼むんだよ〜」

と母親に言ってたそうです。誘導尋問に加えて寝込みを襲われたり勝手に言っても無い事を付け加えられたりしましたが買ってくれるならあってもいいかなと思ってました。

会社でも父親の友人である上司にその事を報告して

俺「ちょっとめんどくさいけど買ってくれるっていうならいいですよね。最近、父親らしくなってきましたねえ。」

上司「お〜太っ腹じゃねえか!」

家に帰って部屋に2着ほど袋に入った半袖のシャツが置いてありました。

お礼を言いに行こうとキッチンの方に向かいました。

俺「シャツありがとう!」

父親「お母さんに1200円な。」

えっ…

最初の言い回しだと買ってくれるみたいな感じだと思うでしょうよ。俺がおかしいのかと思って何人かに聞いてみましたがそのニュアンスはおごりニュアンスで合ってるとの事でした。

苦笑いする母親。

母親「あんた30年もあの人の息子やっててまだ分からないの?バカ。」

俺「おめえが喜んでるなんて嘘ついておだてるからだろうが!」

母親「知らないわよ!買って来てくれって頼まれたってウキウキして会社に行ったわよ!」

別に1200円ごときで払う払わないは言わないから普通に金を母親に払って納得いかないままこの件は終了。気前良いいいなぁとか太っ腹じゃん!という褒め言葉の嵐からただのおせっかいケチという評価でフィニッシュ。

ちなみに1枚600円のシャツをせっかくだからと会社に着て行きました。

ボタンが取れました。

捨てます。

今日の1曲はClap Your Hands Say YeahのSome Loud ThunderからSome Loud Thunderを紹介します。1枚目のアルバムがめちゃくちゃ評価されてのセカンドアルバム。楽しみにして聞いてみたんですがiTunesなのかCDなのか録音が自体なのか分かりませんが音が割れまくり…なんか良い悪いの前に聴きにくい。
親父 | permalink | comments(0) | -

破壊と団塊の世代。



やっぱり団塊の世代は嫌いです。普段、動かないくせに風邪をひくと訳の分からないやる気を出したりする。オッサンが良い金もらってさぼりまくってればモチベーションも下がってやる気もなくなる。

詳しく書いてもイライラするのでそこまで書きませんけども最近の人と話したくない病との合併症でやる気が全く出ない…まあ仕事はちゃんとやりますけどあいてる時間は団塊に触れる事なく壁を見つめる事にしました。時間が経つのが遅くて遅くてまためんどくさい。

そんな感じで生理になったんじゃねえかって位にイライラして帰宅してメシを食って風呂に入ろうとした時…

風呂のドアを閉めようとしました。

ガチャン!

ぬおっ。

余りにものパワーでドアがはずれました。それをおさえながら家族を呼ぶ。無視。

しょうがないのでドアを横にしてチンコを隠して家族を呼びに行きました。キッチンにでっかいドアで股間をおさえた三十路男が登場。

母親曰く、このドアを直せるのは嫁にいった妹しかいないらしく「諦めろ!」って事で開放感たっぷりの風呂場でファミ通を読みながら優雅に湯船につかってました。

そこに我が家の団塊小僧が登場。

ガチャガチャ。

俺の優雅な風呂タイムの所に無言でドアを直しにくる父親。

いや無言ではないです。何で団塊の人達はひとりごとが多いのか…寂しいんでしょう。

父親「んふっ。んほ。んへ。」

コストコで買った水を運ぶのも「俺、腰が悪いから」爺ちゃんの田んぼの稲刈りを手伝うのも「俺、腰が悪いから」家の草むしりも「俺、腰が悪いから」で何十年と逃げて来た男が米俵の次に重いドアを直してる。

何もやらない団塊はイライラするしやる気を出した団塊もこれまためんどくさい。

父親「んふっ。んほ。んへ。」

父親「んふっ。んほ。んへ。」

父親「んふっ。んほ。んへ。」

俺「…」

最初は無視してたのですが諦めずに5分くらいやってるので見てあげました。

父親「こっち見るなよぉ〜それ見てろよぉ〜」

そうですか…よくわからないので好きなようにやってもらいました。

父親「んふっ。んほ。んへ。」

父親「んふっ。んほ。んへ。」

父親「んもう!子供じゃねえんだからぁ〜」

その言葉の真意が全く伝わってこない。

また5分。

体を洗いたいのにドアと無制限1本勝負しているので水がかかって文句言われても嫌なので我慢してました。さすがにのぼせてきた…

父親「んふっ。んほ。んへ。」

俺「手伝いましょうか?」

父親「いや!いいよぉ〜」

父親「んふっ。んほ。んへ。」

父親「よぉ〜し!ちょっと分かってきたぞぉ〜!」

会話以上の声の大きさでひとり言をツイッターしてくる(つぶやく)団塊の世代は98%の場合、こういう構ってちゃんアピールにも関わらず声をかけるとこちらをイラッとさせてくれる返答をするので反応も何もしないのが正解。

20分くらいしてやっと直りました。

こちらもオチンチンに毛のはえた大人なので自分のケツをふいてくれた事に素直に感謝して「ありがとうございました。」とお礼を言いました。

風呂から出て「ドア壊したのか!」という弟に父親のモノマネをしてたら

父親「直したのにゴチャゴチャ言ってんじゃねえ!」

と喚いてきました。そこは普通の家庭はあやまる所でしょうがうちの家族はド、ド、ドリフの大爆笑。

それにしても何を思っての「んもう!子供じゃねえんだからぁ〜」だったのか?

まあ今回の件に関しては父親が家族のヒーローになるべきなのにどこかが滑稽な事になってしまう。残念です。でもドア直してくれてありがとう。

今日の1曲はOasisのDig Out Your SoulからWaiting For The Raptureを紹介します。オアシス名義での最後のオリジナルアルバム。いつでも見れるだろうと思っていたのに本気の兄弟喧嘩でバラバラになってしまいました…まあ最初の頃の完璧なアルバムをポンポン出してた頃に比べると至って普通。お兄ちゃんが抜けたらもっとひどくなる。サマソニでノエル兄のいない新しいバンドが来ますが一応、見に行ってみようと思います。
親父 | permalink | comments(0) | -

父親の威厳。



さっき起きて母親が朝からやたら機嫌がいいなと思って理由を聞きました。

母親が機嫌がいい=父親に何か事件があって不機嫌な時。

最近は母親がバカな事ばっかりやってましたが久しぶりにうちのエンターテイナーが我が家に笑いを提供してくれました。

朝、起きた父親はお腹がすいたそうです。

ケンタッキーフライドチキンを1人買いに行きました。

欲張って食べたかったのか買いに行ってそのまま車で食べる。

何か小さい骨みたいなのがあったそうなんです。

父親「小さい骨みたいなのがあったからゴミ箱に捨てた!」

それだけなら食い意地はってる福岡出身の汚いオジサンで終わりなんですが小さい骨じゃなくて

自分の歯

ケンタッキーで歯が折れるのも笑えますが骨と自分の歯を間違えて捨てるバカ。そして、嬉しそうに語る母親の笑顔。この人達の息子で良かった。

今日はいい日曜日になりそうだ。

今日の1曲は世良公則 & ツイストのSUPER BESTから燃えろいい女を紹介します。シンプルだけど凄く破壊力のあるタイトルですね。歌い方や声に特徴がありますが燃えろいい女〜!と言い女性に全体に言ったのかと思いきやその後に燃えろなっつっこぉ〜!となつこさんを指定。この歌で求愛されたなつこさんは逆におびえると思います。
親父 | permalink | comments(0) | -

ゴースト



ばあちゃんが亡くなって2日目。

爺ちゃんの家に泊まりました。1人で寝ようかと思い布団に入りながらテレビをつけました。ちょうどやってた映画。

ゴースト

何ともリアルタイムな映画…じいちゃんの家は歩いて徒歩1分に寺がありそれなりに怖い。もちろん俺はおばけがめちゃくちゃ怖い。

20ドルで幽霊と話せますという商売をウーピーゴールドバーグがやっててばあちゃんと円高だし2千円弱で話せるならいいなぁ〜と思ってみてました。

普段ならじいちゃんの家に泊まって幽霊系とか見たら怖い。でもばあちゃんが守ってくれている気がして全く怖くなかった。

ふと外を見ました。

その瞬間…

ドンドンドンドンドンドンドンドンドンドン!!!

もの凄い勢いで窓を叩く音がした。

うぎゃあああああああああああああああああ!すげえええええええええびびった。

ばあちゃんか?

それ以外でもばあちゃんが守ってくれる。

勇気を出して鍵をあけて窓を開けた。

そこには…

















父親「パン食うか?」











俺「う、うん。」






えんだああああああああああああいああああああああああ!!!

今日の1曲はDoris DayのQue Sera , SeraからWhatever Will Be Will Beを紹介します。ホイットニーヒューストンを紹介しようかと思いましたがやめました。ケエセラァ〜セラァ〜の歌。凄い良い曲。
親父 | permalink | comments(0) | -

5時親子。



昔からうちの家族旅行の出発時間は午前5時。父親が混むのが嫌いという理由で全員5時頃叩き起こされます。5分でも自分の予定通りにいかないとその日はずっと不機嫌。

ずっとバカにしてきた風習なのですが自分も友達との旅行や遠足などでも6時起床、7時起床など寝坊できないという時はどんな起床予定時間にも関係なく必ず5時に目が覚めます。しかも寝起きが悪くもないし辛くもない。血は争えない。

今日も3時に寝て起きるのは9時くらいでいいのに4時57分に目が覚めた。2度寝できる気がしないのでこれを書いています。

うちの父親も今日は上司と趣味の模型飛行機の大会が名古屋であるので出かけるのですが起きた時にはもういなかった…浅草の上司の家までお迎えに行ったみたいです。

それでは改めて日本代表としてお礼を言いに行ってきます。俺とデートをしたい方は今年の夏はあきらめて下さい。夏休みの予定を聞いて来たのは流山の妖精塩ちゃんと中野の種馬K氏だけだけど…その日ぐらしの長谷川ッティはバイト。

今日の1曲はPUFFYの59から風まかせ二人旅を紹介します。8曲入りのミニアルバムだかアルバムだか分からない曲数。TEEN TITANS THEMEが1曲目で盛り上げてラストはTEEN TITANS THEMEのバージョン違い。2曲目のSUNRISEがこのアルバムの中で一番PUFFYらしく疾走感があっていいです。ガンダムのアニメの主題歌だったらしい。次のJOINING A FAN CLUBもPUFFY得意の偽洋楽という感じのかわいらしさが出てる曲。3曲目は心に花をというサザンとか原由子姉さんの曲にありそうなタイトルで歌は普通。前半3曲聴けばいいと思います。自分でもちゃんと聴いてるヤツは詳しく書いてほとんど聴いてないのは2行くらいでほとんど曲に触れないでCD紹介が終わるので読んでる人もわかりやすいと思います。

神様の料理を食って豚になって帰国します。

呼んでいる〜胸のどこか奥でぇ〜いつも心踊るぅ〜 夢を見たい〜
親父 | permalink | comments(3) | -

復活!



月曜日に映画を見に行ってそれの事を書いてた時にいきなりネットが繋がらなくなりました。

どうせ一時的だろうと放っておいたらつい5分前まで使えなかった…

父親の部屋にインターネットの元みてえのがあってたまに使えなくなると直させるんですが今回は手強かった…

俺「使えないんですけど…」

父親「あ〜ん?」

何かケーブルの抜き差しを何回も繰り返してました。

もうどうにかなる気がしなかったので

俺「もういいよ。あきらめよう。」

父親「そんなんじゃだめだろ!」

俺(なんでこの人こんなに熱いんだ…)

すぐに理由は分かりました。

俺「使えないならあきらめるしかないでしょうよ。」

父親「だめだ!あなたの楽しみはネットしか無いんだから!」

失礼な…

俺には他に楽しみたくさんあるわ。

買って来たCDをiTunesで読み込ませて曲を聞いたりインターネットで相撲情報見たりエロ動画落としたり…

俺にはネットしか楽しみがねえのか…

というわけで5日ぶりに復活。

今日の1曲はMAXのPRECIOUS COLLECTION 1995-2002から恋するヴェルファーレダンス〜Saturday Night〜を紹介します。MAXのベストアルバムをエンターキングで100円でゲット。紹介した曲はデビューシングルでダバラランディリリラリラララ〜ン恋するぅ〜ベルファーレダァーンス!という歌詞もメロディもかなりお粗末な感じがしていい。何かみんな綺麗なのにキャバ嬢の香りがする…MAXと安室さんの関係性が気になります。あんただけ売れちゃってとか言われてるんだろうか?俺がMAXだったらねたむ。でもこのジャケットはエロくて好き。
親父 | permalink | comments(0) | -

父。



妹が昨年結婚して父親が静かになった気がする。あのオジサン1円パチンコばっかりやってあんまり会わない。

九州出身の破壊王が久しぶりにやってくれた。

先週、母親がウキウキウォッチングしてました。

俺「うかれてんな!」

母親「ほらぁ〜庭にぶどう埋めちゃったのぉほほおぉ〜」

ぶどうの苗を植えて食うのを楽しみにしてるらしい。俺はぶどうよりスイカと梨の方が好きだから全く興味はなかった。

まさかあんな事になるとは…

2週間後。へこんでる母。

聞く所によると

父「殺虫剤かけといたから!」

母「あら。ありがとう。」

父親が休みの日に気を使って自分の育ててるタラの芽と母親の育てているぶどうに虫がつかないように殺虫剤をかけてあげたらしい。

次の日。







全滅

父親の殺虫剤が虫ではなく苗を殺苗してしまったらしい。

面白い。

父親の言い訳。

父「土が悪いんだろ!」

土が悪い所に何十年も住むな!

父「何でも俺のせいだな!」

おめえのせいだよ…

今日も我が家は平和です。

そう言えばこの前、俺の髪についに白髪が1本出ました。

今日の1曲はB'zのBrotherhoodからイカせておくれ!を紹介します。すでに頭がイってるうちの家族。嫁に行った妹は免許ないのに車を買いました。
親父 | permalink | comments(0) | -