さよなら人類in流山 ヨッシャヨッシャヨッシャァ〜

自分の手に入れたCDを日記とともに紹介して行きたいと思います。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

ハングオーバー2。やっぱり最高!





前回は大人の事情で単館系でしかやりませんでしたが今回はちゃんと全国の映画館でやりました。1が面白すぎると2はだれる。それは映画も音楽もそうですが残念ながらハングオーバーはパワーアップしてました。

めちゃくちゃ面白い。

内容は前回とほとんど変わらない。仲間が結婚する→最後の独身パーティーを開く→二日酔い→とんでもない事になる→記憶をたどる→結婚式に間に合う。

ひとつだけアドバイスすればDVDでもいいので見てた方が楽しめる。前回のを教訓にしようね!という感じで最初は1の内容を振り返ったりするので見てた方が楽しめます。

あとは1よりもバイオレンス。今回もスーパースターが出るよ。

ポリスアカデミーくらい続いてほしい映画です。

今日の1曲はINFINITY 16のLOVEからあなたが好きを紹介します。全曲コラボのこのアルバム。嫁のMUNEHIROとの曲。横浜のレゲエもINFINITY 16派とマイティクラウン派とくっきりと別れてきましたがどっちも好き。

映画 | permalink | comments(0) | -

好きな俳優。



最近、見たい映画がなくてしばらく映画を見に行ってませんでした。

題材と俳優が好き。

ジャックブラックのガリバー旅行記。



デブという武器を最大限に利用したコミカルな動き。

時間は1時間半でだれる前に終わるのもいい。一応、3Dで見たけどあんまり意味が無いので普通のでいいと思います。

今日の1曲はBOOM BOOM SATELLITESのEXPOSEDからEASY ACTIONを紹介します。同じデブとして言いますがあのジャックブラックの動きはそんじょそこらのデブじゃできませんよ。EASY ACTIONのようにやってますがあれは天性のコミカルさだ。

映画 | permalink | comments(0) | -

たまの映画。






金曜日の21時から。レイトショーのみ上映のたまのメンバーのその後を撮ったドキュメンタリー映画を見てきました。たまと言えばここのタイトルになっているさよなら人類の作者。正確には作者柳原陽一郎という先に脱退したメンバーが作りました。この柳原陽一郎にも出演オファーをしたらしいのですが脱退後の事は俺は分からないからと断ったそうです。残念…

たまが好きな人はもっと好きになり普通の人は普通の映画。しかもドキュメントなので深夜か日曜の真っ昼間にやっててもおかしくない雰囲気の映画でした。

俺が好きな人間というのはどこかに狂気を感じる人間。頭がおかしいヤツが好きなんですよ。たまが好きな理由に歌詞と変わったメロディなのですがそれ以外にそれぞれのメンバーから狂気があるから好きなんだと分かりました。

解散までのメンバーは知久寿焼、石川浩司、滝本晃司の3人。比較的に滝本晃司はイケメンだしまともなんですがもう2人が狂ってる。

石川浩司はたまのランニングと言われていた人でこの人は温泉でパンツ一丁になって腹を叩きながら歌ったり変なコスプレをしたりとおかしい格好をしてますがそれは計算されたおかしさ。どちらかというと俺もこちらのタイプで計算しているわけじゃありませんが飲み会で静かになると不安になって奇声を発してみたりカラオケで脱いでみたり…どちらかというとサービス精神が旺盛なタイプ。見た目もシンパシーを感じる。

それにしても真性で狂気を感じたのは知久寿焼。昔はおかっぱ頭でしたが今は帽子を取ると髪も薄くなり前歯も一本ない。しかも酒を飲みながらやらないライブはやらないなど見た目や生き方からもちょっとおかしいというのが伝わってくるのですがあるエピソードが知久さんを好きにさせてくれました。

死。

たまのメンバーが作る歌は明るいポップなメロディのわりに死んじゃうような歌も多くあります。それを知久さんが語ってました。

死=面白い

一般の倫理観でいうと死=悲しいというのが一般的です。ただこの人は違う。お父さんが忘年会の帰り道に国道を自転車で走って車に相当吹っ飛ばされて死んだそうです。もう今ではよく聞くアルカリ還元水みたいのを自作して家族で飲んでいたのに健康志向のお父さんが事故であっさり。

ありゃりゃりゃ〜

と笑っちゃったそうです。すげえなこの人。会場はしーんとしてるのに俺と一緒に行ったヤツだけは大爆笑。その話を聞いて死は楽しいとは言いませんがちょっと滑稽なものだなと思いました。

今日はばあちゃんの四十九日だったのですが俺もばあちゃんを笑顔で天国に送る事ができました。

俺もこの話を聞いた時に普通の人間なんだなと思いました。変わってる事が好きとか俺変わってるからというヤツがいますが本当の変人というのは自分がおかしいとは思わずそれを当たり前と思ってやっています。

だから俺って人と違う事をやるのが好きなんだよね〜と言ってるヤツはいたって普通の人で俺は普通と違うんだと思い込みたい中二病の延長線上にあるだけなんです。

もう知久さんも石川さんも二人で歩いてるとただの浮浪者にしか見えない…アーティストとしてやってなかったらただのやばい人。本当に変わってる人は社会生活ができない所と隣合わせにいる人なんじゃないかと思いました。

さらに知久さんはたまの名義で他にどんどん金が流れたという事に対して別にそんなにたくさん金いらねえしたくさんあったら頭がおかしくなるからいらないと言ってました。俺は金があればあるだけいいと考えてしまうしやはり天才は他の人と考え方が違うなと思いました。

でも良かったのは映画に出なかった柳原さんも勿論、全員が音楽だけでまだメシを食えてるというのが嬉しかった。ポールとジョンを中心に全員が曲を作るビートルズ。たまもメンバー全員が曲を作り自分で歌う。その中で知久寿焼と柳原陽一郎の二人の声と曲は他のどのバンドよりもいい。この二人のコーラスなんて鳥肌がたつくらいかっこいい。俺の中では日本のビートルズと思っているくらいです。

日本のブルーススプリングスティーンが浜田省吾。日本のビリージョエルがKAN。日本のビートルズがたま。これでお願いします。

ここで気になるのが再結成ですが知久さんと石川さんはパスカルズという大所帯バンドで一緒にやってる。残りの二人もそれぞれ音楽をしている。

ただ再結成はない。

それは知久さんがたまだと気が合わないから酒が飲めないしたまとしてやってると虫取りができないから嫌だと。この人は死=笑うというような人だからといって別に鬼畜というわけではなく生き物が好きでカエルとかサンショウウオとかを飼ってます。冬眠しているカエルを無理矢理起こしてニコニコしてました。そこらへんも狂気を感じた。酒と虫取りがしたいからバンドで動くのが嫌だという自分のやりたい事をやって生きる男。憧れる。

そんな感じで今もみんな音楽をやってます的なノリで映画も終わりました。

大満足で外に出ると

「ありがとうございました!!!」

と大声で叫ぶ男が。誰だコイツ?しかも握手をしてる人がいる。もしやと思い即行で携帯で調べると監督の今泉力哉さんでした。握手をしてもらい話してみました。

なんで映画を撮ったのか聞くと別にファンでもなく監督を頼まれただけらしく最初はファンじゃないのに撮るのは失礼だから断ろうとしたそうです。しかし、考え方や解散後の活動を見ていくと共感できたから撮ったんです。と言ってました。確かにたまの大ファンが撮るよりこういったゆるいスタンスでいる人の方が良いドキュメントを撮れると思います。実際、映画も良かった。

興味がある人は別にオススメしませんが見てみて下さい。たまの曲は絶対に聴いた方がいいと思います。

今日の1曲はたまのパルテノン銀座通りからかわいい流れ蛸を紹介します。これは知久寿焼作曲で歌詞は漫画家の吉田戦車が書いています。知久さんの曲はちょっとチンドン屋風のおどけた曲調が多くこの歌もあの独特の特徴のある変わった歌声で終止歌う。たまこそCD全部欲しいのですがいかんせん廃盤になって手に入らないCDがめちゃくちゃ高い…どうにかならないものか?
映画 | permalink | comments(2) | -

BECK



楽しみにして楽しみにして楽しみにして楽しみにして楽しみにして楽しみにして待っていた映画。やっと見に行きました。

あの20世紀少年をあそこまで完璧に実写で再現した堤幸彦が監督。メンバー5人はそれぞれ似ていました。絶対に見終わった後ははバンドやりたい!と高らかに宣言する予定でしたがそこまで思わなかった。

つうか可も無く不可も無く。

面白くもないがかといって悪くもない。

20世紀少年もそうですけど吉本の芸人をちょい役で出すのは話がぶれるんでやめて欲しい。でもマキシマムバホルモンのメンバー全員が出てたのが嬉しかった。出演時間約5秒。しかも全員顔が見れなかったけど俺はわかった。

最初は竜介視点からのBECKって事でしたがいかがなものかと思って実際に見たら

千葉君の映画。

これがどうしてもマンガの中でコユキの声は神の声の持ち主なので当たり前のようにコユキ役の佐藤健には歌わせる事はできないしどのボーカリストでも納得いかなくなってしまう。なのでコユキの声はない。そこで盛り上げ役の千葉君のラップがどんどん出て来るんですけどラップがこれまたけっこう上手くてかっこいいんです。

映画に出てくる歌は原作とはタイトルを変えてエボリューションという曲を何回もやってましたがパフォーマンスもラップも満足いく素晴らしさでした。この曲のCD欲しいくらいだ。

映画はバンドの結成から最初のグレイトフルサウンドまで。これも20世紀少年みたく3部構成でもいいんじゃないでしょうか?

でも一番の見所のコユキがグレイトフルサウンドで歌うシーン。ドキドキしながら見てました。

えっ…???

カ、カラオケ?

まあマンガの原作の設定上しょうがないのかもしれませんがちょっともっとどうにかなったんじゃないかな?という演出でした。

一番、笑ったのは役4秒出演のもたいまさこ。

気になる人は見に行って感想を教えて下さい。

今日の1曲はFlogging MollyのWithin A Mile Of HomeからFactory Girlsを紹介します。パンク+アイリッシュ音楽。普通のパンクに飽きた人に新鮮な組み合わせじゃないでしょうか?アイリッシュとは言ってもカリフォルニアのバンド。なぜかメンバーが来日した時に氷川神社で結婚式をしたそうです。親日家かは知りませんがスーパースターが日本の事を好きでいてくれると嬉しいですね。

第2章、第3章を期待したのですが今、ニュースを見たら水嶋ヒロが小説家になるって所属事務所を退社したそうです。それはちょっと違うだろ!お前はウルフルズのベースか!!!
映画 | permalink | comments(4) | -

ベスト+ベスト。



8月14日にあの伝説が甦る。

ベスト・キッド



それを昨日、見てきました。

土曜日はいきなりサマソニorいきなりシャトーペトリュスか迷いましたがいきなりベストキッド。いきなりサマソニはその日ぐらしの長谷川ッティから断られたんで借りぐらしのアリエッティにしようかと思い三郷のMOVIXのホームページを見たら土日で先行上映をしていたので見に行きました。

ベストキッドとジャッキーが合体したら面白くないわけないじゃないですか。もちろん吹き替え。ジャッキーの本当の声を聞いても違和感がある。ジャッキー=石丸博也という図はもうくずす事はできない。

21時10分から終わりは23時50分。2時間半以上の長い上映時間も関係ない。

原作のベストキッドからの変更点は色々あった。

◯ミヤギさん(パットモリタ)→ジャッキーチェン
◯アメリカ→中国
◯白人ダニエルさん→黒人ウィルスミスの息子ジェイデン君
◯空手→カンフー

この変更点で問題は何もない。

内容はアメリカから母親の仕事の都合で中国に引っ越してくるドレ君。公園で1人の中国人少女に会って仲良くなるがそれを気にくわないカンフー少年にボコボコにされる。

それを見ていた管理人のジャッキー(ハン)が仲直りしようとカンフー教室に一緒について行く。しかし、そこで先生が相手に情けをかけるなと教えて闘う事を強要するがジャッキー(ハン)が断りカンフー大会で決着をつける事を約束する。

ドレ君にジャッキー(ハン)が本物のカンフーを教える事を約束する…

ミヤギさんのワックスがけをあれに…

ダニエルさんの最後の鶴みたいなポーズがあれに…

内容は基本的にオリジナルベストキッドに忠実ですがこっちのが壮大で内容が深い。

ウィルスミスの息子ジェイデン君の黒人特有のリズム感と運動神経はびっくりする。もう動きがヒップでホップ。さらに土俵ガールの佐々木希の120倍は演技は旨い。天才の息子は天才。

音楽もまたウィルスミスが話を持ち込んだだけあって凝ってる。ヒップホップがあったりガガマルじゃない方のガガ様だったりレッチリのスティービー先生のカバーハイアーグラウンドだったり音も内容も楽しめる。

またいいのが客の年齢層。

エグザイルも山下も亀梨も興味がなさそうな40代以上の男の人がたくさん。

そういう映画がベストキッド。

たいていリメイクやらマンガ原作などオリジナルがあるものはそれを越えられない。否定ばっかりが多い。俺もそういう所の粗探しばかりしますがこの映画は楽しめた。

原作を知らない人は興味があったら見て下さい。原作を知ってる人はあの部分がここか!と楽しみながら見れるのでぜひ見て下さい。

すべての動きの中にカンフーはある。BYジャッキーチェン(ハン)

長い映画なのでオシッコ行ってから見て下さい。踊る大捜査線の長いのは辛かったけどこっちはひき込まれる。

今日の1曲はHIBIKILLAの濃厚民族から野球狂のうたを紹介します。K氏の友達。パコーンパコーンホォームラン!パコーンパコーンホォームラン!という歌詞。バカバカしくていい。ナイスレゲエ!
映画 | permalink | comments(0) | -

ハングオーバー。最高!



前に映画を見に行った時に宣伝をしてて気になってて田町嫁に誘ってもらったので土曜出勤が終わった後に見に行ってきました。

1人で…

ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い



1800円払った。

フルパワーで金を払う価値がある映画なのか?

確かめて来た。

ハングオーバー=二日酔い。

次の日に結婚を控える新郎とその親友2人。さらに義理の弟を加えてラスベガスに最後の独身旅行に行く。そのまま飲み過ぎて朝、起きると部屋がめちゃくちゃになっていた。それだけじゃなく虎がいたり…しかも新郎が行方不明に…

それからどうなるか?

いきなり誰でも知っている大物スーパースターが登場したり…

何か大人の事情で日本公開ができなくなりそうだったらしいのですが署名活動までして日本で公開されたそうです。R-15指定でおっぱいありでお得でした。

映画音楽もめちゃくちゃ良かった。ウルフマザーと義理の弟がバハメンのあの名曲を歌う所なんで超名シーン!

今まで映画館で見たコメディ映画の中で一番面白かったかもしれん。もう完璧。続編も作られるという噂も…

DVD出たら買う。

フルパワーの金を払う理由はある。

今月の14日までしかやってないし関東では渋谷、有楽町、池袋、横浜しかやってない。このレア感もいい。

今日の1曲は銀杏BOYZのシングルボーイズ・オン・ザ・ランを紹介します。この曲も確か映画音楽だった気がします。何より凄いのがカップリングの岡村孝子の夢をあきらめないでをカバーしてるんですが俺のカラオケとほとんど変わりません。ハングオーバーは絶対見た方がいいけどこっちは機会があったら聴いてみて下さい。
映画 | permalink | comments(3) | -

俺を解放せよ!!!



見てきました。

踊る大捜査線THE MOVIE 3

どんだけ踊ってるかレイトショーで見に行ってきました。

やはりこの中でのキョンキョン怖い…

駐車券を受付でお願いしたらちょっと長いんでという事でいつもより長めに時間をつけてもらいました。

内容はいつものコミカルさ。

テレビで見ればいいやと思ってたんですがやっぱりそれでいいのかなと思います。

色々解放されそうになってる時に解放されたがってるものがもう1つ。

俺の尿意!

一番大事な所でおしっこしたい…

でもウンコは我慢できないけど小さい方は我慢できる私。

結局、最後まで見たんですが早く終われ〜早く終われ〜と考えていました。

現場VSキャリア。俺VS尿意。

死ぬ気になれ その時生きられる

和久ノートより。まさに映画を見ながらそれを感じました。ちびノリダーの伊藤君が和久さんの代わりに出てきましたが無理矢理いかりや演じる和久さんを出してる感が良くなかった…伊藤君も好きだしいかりやも好きだけど何か両方がもったいなく感じる様な使われ方だったような気がする…

今日の1曲はStratovariusのEpisodeからFather Timeを紹介します。フィンランドのメタルバンド。早さとメロディとも俺の好きな所にびったりと合っているバンドです。12枚出てるうちの5枚目のアルバム。メタルバンドのライブも1回見てみたい…ラウドパークにも1回行ってみたいと思うんですが毎年知ってるのは4バンドに1バンドくらいしか無いので躊躇してしまっている…
映画 | permalink | comments(0) | -

まんべんなく不幸。



会社の先輩と月曜日のTOHOの日、トウ(10)、フォー(4)で毎月14ニチハ1000円で映画が見れるので話題のあれを見てきました。

告白

ちょっと興味あったけど見なくていいかなと思ってたんですが1000円ならと。

良かった。

こういう映画特有の煮え切らない終わり方じゃなく悪い事したらその分だけ不幸になるという見た後にスッキリとする映画。

月曜日にたくさん書いてたんですが途中でネットが使えなくなって書いてたのが消えたんでまた書くのがめんどくさい。

でもアバターなんかよりも凄く面白かった。

この映画を見て思うのは子供を育てるのって怖いな…という事を感じました。いじめっこになっても嫌だしいじめられても嫌だし変なヤツに殺されても嫌だし娘or息子が殺しても嫌だし…

あとまさか自分の半分の年の女の子に恋をするとは思いませんでした…美月ちゃん役の橋本愛ちゃんがかわいい。かわいいというより綺麗です。俺30才。愛ちゃん14才。これはまずい…

とにかく見た方がいい。

今日の1曲は安室奈美恵のConcentration 20からa walk in the parkを紹介します。もう小室ファミリーだった事はいっさい出してませんが小室と組んでた時の曲も凄くかっこいい。小室もここらへんで大人しくしてりゃ良かったのに…

映画 | permalink | comments(0) | -

ほんとうですかぁあ!!!!



いやはやこんな事があってよろしいのでしょうか?

ダニエルさんが大好きすぎて車あげちゃったり家のワックスがけをさせながら修行をさせてあげたパットモリタ師匠が亡くなって5年。

まさかの…

ベストキッドリメイク

しかもしかもしかぁ〜も!!!

あのミヤギさんの位置の配役が

ジャッキーチェン!

好きな映画を好きなスーパースターがリメイクする。なんて最高なんだ…

おまけでジャッキーが教える人でダニエルさんに当たる教えてもらう人は何とウィルスミスの息子。微妙に凄い。

絶対に見に行く。

今日の1曲はLisette MelendezのTrue To LifeからGoody Goodyを紹介します。多分、俺と同年代の人はどこかで聴いた事があると思います。グリグリ!グリグリ!っていう曲。懐かしい。どこで流れてたのかまったく覚えてないが知ってる。なんでだろう?グリグリ。
映画 | permalink | comments(2) | -

GW4日目。



4日目。

夕方まで家にいてメシでも食いに行くか?と思って4、5回は寿司を食いたいので橋を渡って久しぶりに埼玉の三郷にあるくら寿司に行きました。

何か普通の道路で待たされて駐車場に止め予約券を取った時に58組待ち。人もどんどん増えてくる。結局18時40分過ぎに店に入って食い始めたのが20時くらい。

1時間以上待ちました。

これがディズニーのアトラクションとかだったら100%待たない。でも回転寿しを食いたい度が150%だってんで待ちました。

今まで100円系回転寿司の評価がスシロー>かっぱ寿司>くら寿司だったんですがかっぱ寿司を抜いて2位にランクアップした!!!

えんがわのでかさがどの店よりもでかい!偉い!!!

さらに海鮮ユッケとかも想像以上に旨い。さすがだ。

待たせたから悪いと思ったのか知りませんが5皿食って回るガチャガチャのルーレットが2回連続当たりました。伊達政宗風のスシ正宗というキャラクターが連続で…1個でいい。

そのまま時間がちょうどだってんで映画を見ました。

アリスインワンダーランド

アバターで3Dはもうお腹いっぱいだったんですがとりあえず3Dで。ちなみにTOHOシネマズはレイトショーが1300円なんですがムービックスは1200円で100円お得なんで3D代の300円をたして1500円で見れました。この割り切れる感がいい。

アリスなんですけどもアバターの10倍面白い。個人的な評価なんで色々あると思いますがアバターを面白いと言ってる人の意味が分かりませんでしたがアリスはいい。3Dで見てても楽しめた。

これから見る人の為に内容は言いませんが見終わった後にモンハンをしたくなるのと原作を読みたくなる衝動にかられます。

ぜひ!

今日の1曲はPanic! At The DiscoのA Fever You Can't Sweat OutからTime To Danceを紹介します。たまたまブックオフで500円のコーナーに今までのアルバムが売っててバンド名も知ってたんで買って見たんですがこれはいい。電子音が入ったりもしてバンド名の通りのディスコでパニックになる曲達がずらずら並んでいます。アルバムはこれとPretty. Odd. という2枚持ってるんですが両方凄くいい。売ってたら絶対に買うべきだと思います。
映画 | permalink | comments(0) | -